30・40代のための【Dickies】着こなし講座!

30・40代のための【Dickies】着こなし講座!

えー、言ってませんでしたが俺はアパレル業界の人間です。

なので街中に歩いてる人、男女問わず常にファッションチェックしております。

おしゃれに生きていたいです。

業界っぽいおしゃれな音楽も大好きです。

洋服全般だけではなくインテリアからカルチャーまで、最先端のものは意識していたいです。

自分の物差しで生きている人もすごく素敵だと思います。

そんな自分がずっとひっかかってたこと、それは

健さんがライブでよく履いてるDickiesのパンツ着こなし難しいよね

ってことです。

 

  • ショーパンのトレンド

最近のトレンドは膝上ショートパンツ。

NNショーツ

これはグラミチのNNショーツと言って、股上浅めで細身のシルエットのタイプ。

ちなみに俺はライブにはグラミチ履いて行ってたけど、

この細身のタイプではなくてこちらです。

GRAMICCIショーツ

ノーマルの太めの方を2回ロールアップして膝上丈にして。

ガゼッタクロッチ(股が180℃開く・元々クライミング用)でめちゃくちゃ動きやすく激しい動きが求められるライブにはうってつけだったので。

 

  • きっかけはこのパンツ

でも最近FREAKS×Dickiesのパンツを買いまして。

もう売り切れちゃって写真無いんだけど、前の極太シルエットではなく今時のデーパード。

しかもアンクル丈です。

生地はもちろん綿ポリエステルのあのディッキーズの生地。

合わせやすくてめちゃくちゃ気に入った。

黒を買ったんだけど、ベージュも買おうかと思ってる。

てなわけで、今まで攻略してなかった同じ生地のあいつにそろそろ挑戦するときが来たのかなと思い、今回はどう着こなすかを

勝手に考えてみた。

39歳のオールドキッズなりにね。



参考はスケーター

 色・サイズ感

ライブTの基本は黒。

しかもプリントが派手なのが多いから、セオリーはボトムの色は抑えるべき。

非日情感を出して派手な色を履くのは20代まで。

30代で履きこなすならベージュ・グレー・黒。

サイズはワンサイズアップで

程よく腰履き。

だらしなくなった体系のカバーもしたいので、Tシャツのサイズ感も大きめで。

俗に言う体を泳がすサイズ感です。

ピチピチとかナンセンス。

もしも鍛えてる人でもトレンドはビッグサイズです。

 

ソックス

ソックスは定番のスニーカーソックスではなくラインソックスで。

B:MING by BEAMS

 

スニーカー

足元は健さん御用達のオールドスクールなら黒のスウェードでトレンド感を。

紐を黒に替えるとさらにシックになってかっこいい。

VANS OLD SKOOL

ちなみに俺のオススメはオーセンティック。

オールドスクールなら定番、エラなら普通、なのでオーセンティックです。

VANS AUTHENTIC

フォルムがかわいいし、形がクラシカルで抜け感出ます。

 

キャップ

問題は髪型。

普段サラリーマンの人は髪型がダサくなりがち。

そもそもカジュアルな格好とお仕事用の髪型は合わない。

だからこんなキャップ被りたい。

NEW ERAじゃなくて

あえてのEBBETS FIELD。

EBBETS FIELD

ここらで違いを出したい。

 

 ベルト

あとベルトでアクセントを。

ガチャベルトはこの春セレクトショップがこぞって出してる注目アイテム。

SENSE OF PLACE UR

これいいよ、安いし。

ちなみに、ライブ中キャップ被れないよねとか、オーセンティックじゃダイブとかモッシュしたら脱げるとかやめてよ。

あくまでもファッションとしてだからね。

 

横山健

健さんはなぜカッケーのか。

それは普段からスケーターファッションをしてるから。着慣れてるから。

本来難しいんです。

太いボトムは身長が高くないとバランスとれない。

ウォレットチェーン、鋲のついたベルトは普段サラリーマンの人使わないでしょ。

ここらのアイテムをさらりと取り入れれるのはキャリアのなせる業。

トレンドじゃないんだよね、自己表現としてずっとスケーターファッションをしてるんだよ。

だからブレないかっこよさがある。

困ったら2色に抑えよう

ダサい人って色の入れ方がおかしい。

3色以上入ってるから統一感がない。

大陸からの観光客見てればわかる。

ガッチャガチャでしょ、着てる服。

足元も無駄に派手なハイテクスニーカーだし。

だから、迷ったら2色、多くても抑え目の3色に抑えてください。

掛け算や足し算ではなく割り算や引き算のコーディネートを意識してください。

特に靴は黒か白。

できればモノトーンで。

そうすれば大怪我しないから。



ファッションカテゴリの最新記事