【COMING KOBE 18】事故が起きないようにするなら、パンクバンドは呼ばないほうがいいのでは?

【COMING KOBE 18】事故が起きないようにするなら、パンクバンドは呼ばないほうがいいのでは?

どうも、パンク大好きデミさん(@Takenoco0803)です。

今回は今年からダイブ・モッシュがガチに禁止になったCOMING KOBEで、ダイバーが出現してしまった件について。



2017年に事故が起きていた

なぜ本当にダイブ・モッシュが禁止になったのか。

それは去年2017年に事故が起きていたから。yahooに載ってた記事は消されてたので、詳しくはまとめサイトを参照してください。

カミングコウベで将棋倒しが発生

結果的にこの会場もおそらく使えなくなったので今年は場所移動したと推測される(あくまでも推測。もともと決まってたかもしれない)

ちなみに2017年の注意事項はこうなってた。

過去の開催実績を踏まえた警察当局からの指導により、モッシュダイブ等のこちらが危険と判断した場合はライブを一時中断する場合がございます。 来年度以降の開催にも影響いたしますのでご協力ください。

去年まではダイブ・モッシュは容認されていたことになる。しかし今年はこうだ。

2018年は特に厳しくモッシュ、ダイブなどの危険行為は堅く禁止させて頂きます。危険行為を行った方は退場頂きますので予めご了承ください。

会場変更せざるを得なくなったことから、改めてをルールを厳格化したのだろう。

2016年にも04 Limited Sazabysのライブで将棋倒しが起きたという話もある。

そんな、ルールを厳しくした今年だったが、やはりダイバーが出現してしまった。

そのライブは、NAMBA69

この件に関してはボーカル難波章浩のInstagramを読んでほしい。



呼ばないほうがいいのでは?

View this post on Instagram

カミコベの趣旨に応えようと、今日はオレ達なりに努力してLIVEしたつもりでした。暴れるだけがPUNK ROCKじゃないところを見せたかった。今日残念ながら出てしまった退場者を、オレは攻めるつもりはないです。彼等は半泣きで、主催の松っちゃん達に謝ってから会場を後にしたらしい。どうしても身体が動くのを止めることが出来なかったと。でも、イベントの趣旨を考えるとそれにより迷惑をかけてしまったことは間違いないわけで。この場を借りて、COMING KOBE18の関係者の皆様、来場されてた皆さんには、お詫びの気持ちを伝えたいです。このイベントが存続している意義をもっと深く考える、いい機会に自分もしたいと思います。もっとやれたって反省してます。 次こそはもっと上へ!!!! 2日目の更なる成功を祈っています☆ 未来へ! #NAMBA69 #カミコベ photo by @nariakiueda‬

A post shared by 難波 章浩 (@akihironamba) on

なぜ「やはり」といったかというと、NAMBA69はダイブやモッシュが起こるのが当たり前のバンドだからだ。

そんなバンドが集まる場所で、まして去年は容認されてたことを今年は禁止される。

どうだろう、ルールは守らなければいけないのだが俺には少し違和感があるのだ。

俺は以前ブログで、ダイブ・モッシュが当たり前のパンクバンドがなぜそれを禁止されるフェスに参加するのか理解に苦しむ、という旨の記事を書いたことがある。

パンクバンドがROCKINJAPANに出る意味がわからない

だっていつもダイブ・モッシュを煽ってるバンドが熱いライブをしたら、どうやっても体が動いちゃうでしょ。

俺は現場にいなかったからよくわからない。それを承知で言いたい。

この日のライブで跳んでしまった輩は、跳ぶことが目的の、いわゆる「ファッションダイバー」とは違うのではないだろうか、と。

このイベントはガチでダイブしてはいけないイベントになった。

そのことを頭では十分理解していた。しかし、目の前のNAMBA69はものすごく気持ちのこもったライブをしている。

結果、頭ではわかっていたのに衝動的に体が動いて跳んでしまったのだ。俺はそう思いたい。

「ルールを守れないやつは来る資格がない」

ぐうの音も出ない正論である。

でも、本来ルールとは作るものではなくてみんなで作り上げていくもので、今年のカミコベのように、結果的にできてしまったルールを守らなければいけないというのとは少し違うと思うのである。

ロッキンも怪我人が出たことにより、ダイブ・モッシュが全面的に禁止になった。

何かが起きてから変わったルールに、また何か起きるかもしれない行為を我慢できないやつはバカだと思う。頭のなかではそう思う。

俺はダイブをしない。したこともないし、これからもしないと思う。

それは俺はもうそんなに若くないし、これで怪我して仕事に支障が出たらとか余計なことを考えてしまうから。

でも、昂ぶってダイブする人の気持ちもわかるから、モッシュピットにいる時は喜んで発射台になるし、落ちそうになってる奴を支える。

本当にダイブ・モッシュ禁止を謳うのであれば、バンド側もその趣旨を尊重し、ファンにキチンと伝えてほしい。

そして、その自信がないなら出演しないでほしい。

特にこのイベントはチャリティである。

チャリティイベントで怪我人が出るほどの激しいライブなんて本来は本末転倒である。

前年まで禁止されてなかったことが今年は禁止になる。でも出てる出演者は同じ。

俺は根本的にそれがおかしいと思う。

いいライブをすればするほど矛盾が生じる。

それなら呼ばないでほしいし呼ばれても断ってほしい。

今回ダイバーが出てしまったことについて、俺は演者にも責任があると思う。

だから難波さんは謝った。そういうことなのだ。



イベントカテゴリの最新記事