ライブレポ

ライブレポ

【ENTH】自由なパンクバンドはメンバーもファンもお洒落でした。

聴いてもらうとわかるのだが、一筋縄でいかない曲なのだ。テンポもずっと速いのかと思ったら中盤からミドルテンポになったり。普通に展開していかないのだ。そういう意味ではすごくインディーズっぽいというか、いい意味で適当に遊んでる。なんにも縛られてない。ミクスチャーパンクとでも言おうか。
2019.05.20
ライブレポ

【KOSHI ROCK GALAXY 2019】SUGA・JOJI(dustbox)の抱擁に涙した。

俺は今回のアルバムが一番好きである。dustboxのメンバーもそうなのではないか、って思ったりしてる。『You Are My Right』に入る前のMCでSUGAは、「20年色々あったし、良いことも嫌なこともあったけど、仲間とみんなの笑顔を見てこの20年は間違ってなかった」って言ってた。
ライブレポ

【横山健】最高にくだらなくて最高にカッコイイKen Bandが帰ってきた!

ロックンローラーは聖人君子ではない。何年か前のスキャンダルのようにやらかすこともある。だけど、そんな人がかき鳴らすパンクロックだから最高なのであって、人格的に完璧な人間が作った完璧な曲なんて、AIは評価しても人間の心には響かないと思うんだよなあ。
2019.04.05
イベント

【NO NUKES 2019】初めて観るthe HIATUSの素晴らしさに言葉を失った。

the HIATUSに圧倒的に打ちのめされてしまった。その根底にはもちろん音源の素晴らしさがあるのだが、ライブの素晴らしさは他の2つのバンドよりも頭一ついや、頭十個くらい抜けてると思ってしまった。ダイブ・モッシュが繰り広げられるライブだけが細美武士ではないのだ。
2019.03.26
ライブレポ

【ELLEGARDEN】1曲目でなかった『Supernova』が現在進行系である証だ!

去年の復活ライブはこの曲から始まったけど、これからはこの曲が最初に歌われることも無くなるかもしれない。それでもこの曲を聴くと、きっと誰しもが特別な感情を抱くと思うのだ。最後の曲、『Make A Wish』。「これからお前らの人生にもきっと思いもよらない事が起こりうる。」
2019.03.20
ライブレポ

【HAWAIIAN6】ライブが盛り上がるなら昔の曲でも構わない。

HAWAIIAN6は現実を見てた。夢ではなく現実を見てた。他のバンドと比較することなく、己の実力をわかった上でライブしてた。そして、それはお客さんも同様である。夢ではなく現実を見てる世代のお客さんだ。だからって傷を舐めあってる空間ではないのだ。なぜならライブの間だけは演者もお客さんも夢を見てるからだ。
ライブレポ

【横山健】予定調和のアンコールなら次のライブから要らない!

2018年12月6日、Ken Yokoyamaのライブを観に新木場STUDIO COASTまで行ってきました。ああいうアンコールだったらもうKen Yokoyamaクラスのバンドは出るべきではない。アンコールありきのライブって何なの?
2019.01.09
ライブレポ

【SHANK】「好きにやればいいけん」の真意とは?

どうも、パンク大好きデミさん(@Takenoco0803・@demisansan)です。 11/14(火)SHANKのライブを観に横浜FADまで行ってきました。 楽しかった。むちゃくちゃ楽しかった。 だって自由なんだもん。...
2019.01.07
ライブレポ

【南阿蘇大復興祭2018】TOSHI-LOW・細美武士・片平里菜だけでなく、参加者全員で作るイベント!

どうも、パンク大好きデミさん(@Takenoco0803)です。 2018年10月28日(日)、道の駅「あそ望の郷くぎの」(南阿蘇村久石2807)で南阿蘇大復興祭2018が開催されました。 このイベントは、2016年の熊...
2018.12.30
ライブレポ

【locofrank】ファンのヤジを「安否確認」と呼ぶ彼らの魅力はズバリ「笑顔」だ!

どうも、パンク大好きデミさん(@Takenoco0803)です。 10月23日(火)柏ALIVEで行われたlocofrank『Stories TOUR 2018-2019』に行って参りました。 対バンがOVER ARM ...
2018.11.02
スポンサーリンク