車の走行距離ごとの課税ってバンドマンや地方民へのいじめなの?

バンド
スポンサーリンク

どうも、パンク大好きデミさん(@Takenoco0803@demisansan)です。

何日か前のニュースでずっともやもやしてて。

お国が車の走行距離に応じて課税を検討してるらしいんです。

参照:政府:走行距離ごとの課税も検討 税制の抜本的な見直しへ

納得いかないんで、今回はこの話がバンドマンに与える影響について考えてみました。

スポンサーリンク

「移動が車」が必須の人はどうすんの?

まあ俺は車を所有してないし、今のところするつもりもないからどうでもいいんですけど、ハイエースに機材積んで全国を飛び回ってるバンドマンには死活問題ですよね。

俺が好きなバンドマン達って年間100本以上ライブをしてて、その移動はみんな車。

走行距離に応じて課税をするってことは、その彼らにもしっかりと課税していくってことですよね

 

俺は年に数回レンタカーで出張に出ることがあるんだけど、この前九州に出張に出た時は10日間で2000キロ強走りました。

拠点が東京のバンドだったらきっともっと走りますよね。

国産のハイエースは60万キロ走っても壊れなくてすごいなあ」なんて話をライブのMCで聞いたことがあります。

その時は「まじかよ」って思ったけど、全国各地のライブハウスでライブをするってことはそういうことなんでしょう。

 

俺は今の政府のやり方にどちらかと言えば批判的な方だけど、今回はその課税の仕方があまりにもおかしい。

さらにいうならば、「徴収したお金の使い方もおかしいくせに何言ってるんだ」と思ってしまいますね。

 

まあお国としては、「環境を考えてこういう課税方式を取ればみんなエコカーに移行するし、なおかつ週末しか車に乗らない人にとってもメリットがあるでしょ?乗ってる人よりは税金安くなるんだから」ってことなんだと思うけど、これはバンドマンはともかく地方で車が必需品の生活もキツくなるよね、って話だと思うんです。

ただでさえ車を保有するだけで多額の税金を収めてるのに、国はさらに課税していこうとするんすね。

 

人口が減少していて税収が少なくなってるのはわかります。

でもその取り方が間違ってませんかね?

他に税金かけるとこありますよね?

ガソリンの値段が上がってるにも関わらず、それでも車が必要で足として使ってる人に対してさらに課税していくこのやり方は、俺は納得いかないです。

 

参照:走行距離に応じた課税、東京基準で検討されることに対する世間の反応

参照した記事を読んで欲しい。

お国は、北海道に住んでる人のみならず、地方都市に住んでる人のことをどう考えてるんでしょうかね。



ライブのチケット代上がる?

バンドマンに関して言えば、ライブのチケット代もぎりぎりでやってる人が殆どです。

この話がもし本当だとすれば、彼らもいよいよチケット代を上げざるをえないかもしれない

消費税が上がってライブハウスのドリンク代も各所100円ずつ値上がりしてる昨今である。

しかし、それに応じてみんなの所得が上がってるのかというと必ずしもそうではない現実があるますよね。

 

バンドマンってみんな心優しい人が多くて、災害があれば必ず支援活動に率先して動く。

そんな、困ってる人を助けるのが当たり前の彼らの活動に直接響く今回の発表。

もし仮に、チケット代が上がったとしても、それでも付いていく人がほとんどだと思う。

でもそれって、そこに至るまで彼らがいかに努力してきたかを提示してくれるからだし、結果的に「申し訳ない。チケット代を少し上げさせてください」ってなってもきっと納得するだろうから

 

採算取れなくなったら彼らもライブできなくなるし、俺にはこれまでもよくこの値段でやってくれました、って思いがあるバンドマンがとても多い。

きっとチケ代を上げるとしても、今まで3000円だった人が6000円にするわけじゃない(きっと)。

 

結局、何が言いたいかというと、何かをするには人を納得させなければいけないと思うのだ

バンドマンはそれまで俺たちを演奏で納得させてきたし、納得させられたから今もついてきてくれるお客を獲得してたわけでしょ?

 

そういうことなんですよねえ。

そこがわかってないんじゃないの?お国のお偉いさん達。

コメント