【エルレガーデン】今後のエルレは「自分たちがやりたいと思うか?それを4人だけで話し合いたい」とのことです!

文字起こし
スポンサーリンク

どうも、パンク大好きデミさんです。

8月29日放送の『Hedgehog Diaries』文字起こし。たくさんエルレについて語ってくれました。もう、なんか感動してしまって文字起こししながら何度涙を拭ったことか。細美さんの口からエルレのツアーが終わった今の心境を喋ってくれてる今回は、まさに永久保存版の内容となってると思います。『BBQ Riot Song』の弾き語りも物凄く良かったし、今回こそ時間ある時に聴いてもらって損はない内容です。俺の文字起こしなんて二の次でいいです。まずは細美さんの声で聴いてほしいと思います。

1週間限定公開のラジオはこちらから:BAY FM

スポンサーリンク

OP・ライブ直前は何を考えてた?

こんばんは!bay fm『Hedgehog Diaries』細美武士です。今週も収録でお送りします。収録してる現在は先週に引き続き、8月21日火曜日午後5時21分を回ったところです。今週は月末恒例の弾き語りもやりますのでお楽しみに。

えっとー、今頃ですね、収録してる自分じゃなくて本体の自分は、何年ぶりだろうな、8月中にお休みを取れるなんてことがなかなかなかったので、いつ最後の夏休みだったか覚えてないくらい、振りの夏休みを取ってですね、申し訳ないですね、キャンプに行っていると思います。はい。

さて、じゃあー、メール紹介していきましょう。クロリから頂きました。

細美さんこんばんは、ラジオネーム・クロリです。細美さんはライブの直前はどんなことを考えているんですか?もしよろしければ教えてください。宜しくお願いします。

頂きました。うーん、今回のELLEGARDENの再結成ツアーに関して言えば、なんていうんだろう、早くやりたいような、始まっちゃったら終わっちゃうので始まんないでって、あの、本番前のドキドキももうちょっと長く味わいたいな、みたいな、なんかそんな気分でしたね。何してたかと言えば、毎回ビール飲みながらワンオクのライブ観てましたけどね(笑)はい。楽しかったです、はい。

 

Starship『We Built This City』

じゃあ今日は夏もそろそろ終わりということで、自分の中でめっちゃ夏っぽいなって思ってる曲を選んでみました。聴いてください。Starshipで『We Built This City』。

Starship – We Built This City


We Built This City

まあ曲も夏っぽいんだけどたぶん俺がこの曲聴くと強烈に夏を感じるのは80年代のある日、バイクだった?たぶんもうその時は車運転してたような気がするんだけど、地元のガソリンスタンドに真夏のものすごい暑い日にガソリン入れに行ったら、この期間にガソリン入れに行ったら全員にプレゼントしてる、みたいな感じで、サマーソングを集めたCD集みたいなのをもらって、それをかけた時の1曲目がこれだったんですよね。たぶんあの日のガソリンスタンドの思い出とくっついてるんだなーと思います。

 

休止してた10年間とは?

さあメール紹介していきましょう。マリエから頂きました。

細美さんこんばんは、マリエと申します。先日のZOZOマリンスタジアム行きました。ほんとにほんとにお帰りなさいです。突然ではありますが細美さんにとって休止していた10年はどのような10年でしたか?よろしければ聞かせてください。

と頂きました。これはもう質問のテーマが大きすぎて全然この番組中にまとめられる気がしないんだけど、でもいちばん重要な部分だけを話させてもらえれば、やっぱりね、出会いの10年間だったと思う。その、この10年で出会った人達、特に東日本大震災後の繋がりっていうのはまあ、ほんとに大っきくて。うん、自分の、家っていうのかな、ファミリーっていうのかな、帰れる場所ができる、居ていい場所ができる、みたいな、自分の足の裏から地面の中に向かって根っこが生えてくような、そういう10年でしたね。まあそういう10年があったおかげで今回その、エルレの復活劇みたいのがあったところで、どっか他に行くところはなくフワフワもしなかったんだけどね。すごい良かったですね。

 

一番好きな曲は?

さあもう一通いきましょう。マジマグロから頂きました。(イントネーションを変えて)マジマグロかな?マジマグロだとちょっとなんか(笑)色んな意味が出てきちゃいそうですけど(笑)

初メールです。ELLEGARDENの復活ツアーには参加できませんでしたがELLEGARDENが大好きです。ところで細美さんに質問ですが、自分の作った曲で一番好きな曲はなんですか?強いて言うなら、で大丈夫なので教えてください。

頂きましたー。うーん、自分で作った曲で一番好きな曲?うーん、どれもこれも好きなんだけど、今だとやっぱりMONOEYESの『Two Little Fishes』かなあ。あれを超えるのはなかなか難しいと思ってるんだけど。

MONOEYES – Two Little Fishes(Music Video)


Dim The Lights Tour 2017 at Studio Coast[DVD]

ただ、タイプによっていろいろあって。ちょうど俺がそのハシエンダ周辺の、イギリスのね、ハシエンダ周辺のアシッドテクノの頃、の文化にぐーっと引っ張り込まれていってる最中に、バンドでもなんかこういうグルーブをかけ合わせたようなようなことができないのかなーって、一曲だけ成功したのが『Salamander』っていう曲なんで。

ELLEGARDEN「Salamander」Music Video


2008.09.07 STUDIO COAST [DVD]

うん、あれはもう、ああいう感じの曲はもうできないだろうなーって。何回かトライしてるんだけど、何回どころじゃない何十回かトライしてるんだけど形にならないんですよね、ああいう曲は。だからちょっと特別な感じはやっぱありますね、はい。

 

スカジャンでゴッチを見る目が優しかった

さあもう一通いきましょう。佐賀県のラジオネーム・ナッチャンから頂きました。

細美さんこんばんは。いつも楽しくラジオ聴かせて頂いてます。先日行われたSky Jumboreeに行ってきました。

【MONOEYES】エルレも出たことのあるSky Jumboreeへの思い・長崎のライブハウス事情・ライブの考え方を語ったインタビュー!

どのバンドもかっこよかったのですが、MONOEYESのステージ最高でした。サウンドチェックの『Free Throw』から一瞬で会場が一つになった気がしました。めちゃくちゃ楽しかったです。(細美:ありがとう)

MONOEYES – Free Throw(Music Video)


Dim The Lights Tour 2017 at Studio Coast[DVD]

その後のアジカンASIAN KUNG-FU GENERATION)のステージ、細美さんも横から観ていらっしゃいましたね。その細美さんの表情がなんだがすごく優しそうに見えたんですが、どんなことを考えてたんですか?

と頂きました。そうですね、エルレのツアーの直後だったっていうこともあり、そのアジカンのあとに、ほら、長崎出身のね、ストレイテナーがライブで、アジカンのゴッチをゲストに迎えて一曲やることも知ってたし。(『TENDER』で共演)

ストレイテナー – TENDER


TITLE

で、その後、最後の一曲の『ROCKSTEADY』で「細美くん、よかったら歌ってよ」って言われてたので。

ROCKSTEADY ~ 2013.2.17 Live at 日本武道館 '21st CENTURY ROCK B…


21st CENTURY ROCK BAND (通常盤)

何となくその、俺と、ホリエアツシとゴッチ、この自分たちでいうのも変なんだけど(笑)一時期なんか「御三家」とかって言われてた時期があって、その、そんな時代のことをちょっと懐かしく思い出しながら観てたんだよね。そしたら最後の一曲が『君という花』だったから、より、よりね、ぐっときてしまいましたね。そんな感じです。

ASIAN KUNG-FU GENERATION 『君という花』


BEST HIT AKG

 

Bryan Adams『Summer Of ’69』

じゃあこのへんで、俺の夏っぽい曲、まあこれ、俺達の世代みんなそうじゃねえかなと思うんですけど聴いてください。Bryan Adamsで『Summer Of ’69』。

Bryan Adams – Summer Of '69


Reckless

ホテル・カリフォルニア』(EAGLES)の歌詞にも1969年っていうのは出てくるんですけど、まあロック好きにはとても重要な意味を持つ年ですよね。1969年っていうのはウッドストックの初回が行われた年、ジミー・ヘンドリックスとかジャニス・ジョプリンが出てた、年ですねー。ほんとに、最近の夏フェスとは全く似て非なるものなんだけど。当時のヒッピー文化を象徴するもんなんだけどね。まあ観たことない人はもし、機会があれば1969年のウッドストック、映像化されているんでぜひ観てください。俺はまあ大好きですね。


ディレクターズカット ウッドストック 愛と平和と音楽の3日間 [DVD]



ひょんなことから距離が縮まったことある?

さあメール紹介していきましょう。ユキネから頂きました。

細美さんこんばんは。ユキネと申します。ELLEGARDENのツアーお疲れ様でした。そして通販も有難うございます。お忙しい中ファンへのご配慮に大変感謝しております。(細美:ありがとう)さて、私は17歳なのですが、同世代に細美さんが好きな友達がずっといませんでした。ですが今年の文化祭、BGMでエルレを流しているとクラスの子に「エルレだよね?私好きなんだ」って話しかけられたんです。タイプが間逆だろうと思っていた子だったので本当に嬉しかったです。実際は真逆どころか驚くほど一致してて驚いています。今では二人でエルレに応募し、落選するほど仲良くなりました。今は受験生なので大学生になったら二人でライブに行きます。そこで細美さんは、ひょんなことから一気に距離が縮まったというような経験はありますか?最後まで読んで頂き有難うございます。拙い文章でごめんなさい。少し涼しくなってきましたがまだまだ夏日が続くようです。お体には気をつけて、細美さんらしく何事も楽しんでください。

と頂きました。ありがとう。そうですね、ひょんなことから仲良くなった…まあ男は意外とそういうことみんな経験あるかと思うけど、やっぱりこう(笑)漫画の中みたいな、殴り合いの経験をしたあとですごいそいつとめっちゃ仲良くなるみたいなのやっぱあるよね。その、殴り合いの喧嘩すると必ず仲良くなれるわけじゃないですよ。そのせいで一生口聞きたくない、ってなる奴ももちろんいるし。だけどなんかこう、そうじゃない、ぶつかり合った会話みたいなものがその後相手に対する信頼感に変わったりすることもあるので、なんかそういうのが結構ありますね。何人もいますね。今も大切な仲間ですけどね。

 

音楽をして良かったことは?

さあもう一通いきましょう。レナレナから頂きました。

細美さんこんばんは、初めてメールさせて頂きます。私は今医療系の専門学校に通ってる二十歳です。私はライブハウスによく行くようになった高校生の時から、いずれは音響や照明、PAやマネージャーなど、演者さんを近くで支えていきたいと思っていました。しかし親を説得させられる強い気持ちもなく、将来安定している医療業界に進もうと思い、今の専門学校に入学しました。それが最近二十歳になり、何か始めなきゃ、早くやりたいことをやらなきゃ、という焦りが出てきて、やはり音楽業界に進みたいという気持ちが溢れてきました。そこで細美さんに質問です。細美さんは音楽をしていて、どんな時にこの世界に入って良かったな、音楽して良かったな、と感じますか?長々と失礼致しました。これは二十歳の大きな夢ですが、業界に入って、小さなことでもいいんです、細美さんとお仕事できる日が来ることを願って道を開いていきたいと思います。

と頂きました。ありがとう、レナレナ。そうですね、この世界に入って良かったなって思う時は、うーん、なんだろ、みんなの笑顔とか幸せがイコール自分たちの仕事の成功だ、っていうところかな。そうじゃないところにいるのは俺はきっと出来ないだろうなと思うし、だから、なんかほら、近くでね、演者を支えていきたいって思いを…って言ってたけど、そんなことなくてみんな普通に横一線の仲間なので、音響も照明もミュージシャンもマネージメントも。だからそういうみんなで「いやー、今日のライブ最高だったね!」って言いながら、「乾杯!」って言ってみんなワイワイ楽しそうに飲んでる様を観る時は俺はやっぱ一番幸せですね、はい。そんな感じです。

 

弾き語り ELLEGARDEN『BBQ Riot Song』

じゃあこのへんで弾き語りをやりましょう。今回のツアーで、どこだったかな、新木場とZOZOマリンではダブルアンコールがあったときはこれをやろうと思ってやった曲ですね。自分が書いた曲の中で、夏大好き!って曲はめちゃくちゃ多いんだけど俺の場合は。何となく夏の終わりを感じる曲ですね。

ELLEGARDENBBQ Riot Song

 

The Go-Go’s『Vacation』

今日はThe Go-Go’sの『Vacation』を聴きながらのお別れです。

The Go-Go's – Vacation

なんか80’sの音楽って多重録音とかね、パンチインとかの技術はあったから直せるは直せるんだけど、今みたいに一回歌った歌を機械で直したりとか、リズムを正しくピッチリ、拍の合うところにずらしたりっていうのはできなかったので。あのー、みんな上手いんだよね、当たり前に。最初、1曲目に聴いたStarshipのあのコーラスを実際に人の声でやってると思うとまあ、負けてられないなと思いますね。

 

細美さんらしいエピソード

最後に一通メール紹介しましょう。トントンから頂きました。

細美さんこんばんは、トントンと申します。怖い話ではなくて申し訳ないのですが細美さんに伝えたい事があって初めてメールを送らせて頂きます。(細美:大丈夫だよ。2週に分けて収録してるからね。)まずはELLEGARDEN復活ツアーお疲れ様でした。(細美:ありがとう。)私はチケットが全て外れてしまい、音漏れだけでもと思ってZOZOマリンに行ったのですが、やっぱり最後まで諦めずにいようと思いボードを持って探していたところ、奇跡的に開演直前にチケットが余っている方に声をかけて頂いて、アリーナでライブを観ることが出来ました。私は今高校2年生なのですが、ELLEGARDENを観たのは初めてでした。『Supernova』が始まってから周りの大人達は、今までに観たこともないくらい表情が豊かで幸せそうな顔をしていました。色々問題のある現代社会で生きていながらも、自分の好きな音楽で自分らしく楽しめるのはとても素敵だな、と思ったし、私もいつまでもそんな人でありたいと思いました。8月15日は終戦の日で、細美さんの言葉でまだ16歳の私にも考えさせられることがたくさんありました。私の学校では戦争体験をした方のお話を聞かせて頂いたり、沖縄など実際の現地へ行って自分自身で戦争について考えるという機会があります。終戦から時間が経つにつれて語り手が減っていく中でこのような体験ができるのはありがたいことだし、自分たちでどんな世の中にしていくべきなのか、そのためにはどうしたらいいのか、私達若い世代がしっかりと意思を持って発信していかなければなと思います。

そして細美さんに相談したいことがあります。私が生きていく中では東日本大震災・熊本地震・そしてつい最近では豪雨での被害などを目の当たりにしました。しかしそれはすべて私の住む関東とは離れた場所で、ニュースで流れる被害の大きさの想像なんてできないし、そうやってニュースやスマホで被害を眺めたままでしかいれない自分に毎回無力さを感じて情けなく思います。現地に行って復興のお手伝いをしている人のいる中で、自分は遠くまで行くことも出来ないし、募金活動に参加することしか出来ません。でも被害に遭われてる地域の少しでも役に立ちたいし、自分のできることがわからない状態にいます。そんな思いでいる私達に何かできることはないでしょうか?長々と失礼しました。ぜひ読んで頂けたらありがたいです。

と頂きました。おー、トントン。そうねー、今できることをしっかりやるってことが各世代にすごい大事だと思うんだよね。一番いま責任を感じて動かなければいけないのは正直俺達の世代だと思うから、そこの連中がこう、なんか戦争なんて遠い昔の話でしょ?みたいな、顔してるようじゃダメだなって俺は思ってるけど、そういうのを全部取っ払ってじゃあ人として、みたいなことを考えると、結局、大きなことを正しいことを声を大にして何かを変えていこうっていうんじゃなくて。そういえばね、今回エルレのファンのみんながすげえあちこちで褒められることがあって嬉しくてさ、マナーがいいとかさ。でも、じゃあ、例えば昔あった出来事で、スキー場の飯場ですごい席が混んでて、係員さんが必死でね、「ご飯を受け取ってから自分の席を探してください」「先に席に荷物をおいて場所取りをすると誰も座れなくなっちゃうんで」って言ってたんだけど、もうすでに場所取りが横行してるその中では場所取りをするしかないわけさ、自分の場所を確保するのに。だからみんな我先にってこう、椅子に荷物を置いているんだけど、俺は、昔から偏屈だから、そんなこと言われる前から飯を取るまで場所取りをせずに飯を買って持ったまま立ったまま自分の席に座れないで30分くらい待ってたことがあるんだ。飯は冷えるは、その間にどんどんどんどん席取りをした人達が自分たちのご飯を取って食べに行くわけじゃん?でもずーっと俺がそれを待ってて誰かがどいた時に、「あー、やっと座れたわ」って飯食う時にさ、周りの人に大声で「おーい、お前らも俺と同じようにしろよ!」とは言わないんだけど、俺にできることはそれだけじゃん。で、それをやってるうちに、実はそのほうが合理的だって気付いた人が増えれば変わっていくし。っていうやり方しかないんじゃないのかな、と今に至るまで考えてやってます。

はい。有難うございました。まあ、楽しい夏になりましたね。残りの夏、思いっきり楽しみましょう。で、西日本で困ってる人もいるし、手が貸せるタイミングで交代交代で頑張っていければな、と思います。それじゃあ皆さんまた来週。さようなら。

 

今後のエルレについて

はい、今週も始まりました。フェイクテイルズオブチバゼットのコーナーです。最後に一通メールを紹介して終わりにしましょう。ラジオネーム・スエツグから頂きました。

細美さんこんばんは。わたしがELLEGARDENを初めて観たのは広島クラブクワトロです。2006年の『Space Sonic Tour』の時でした。私はその時高校1年生でバンドのライブに行くこと自体が初体験で、ライブハウスに足を踏み入れるのももちろん初めてでした。モッシュとかダイブとかそういう言葉も知らず、フロアの後ろの方でエルレの演奏に圧倒されていました。周りから見たらぼーっとしてるように見えたかもしれません。それから時が経って2018年8月15日、ずっとずっと待っていたエルレのライブに行けることになりました。12年ぶりに目の前に居たエルレは高校生の頃に観たエルレと何も変わらずひたすらカッコよく、モッシュやダイブを覚えたはずの私は結局あの時と同じように何度もぼーっとしていました。この日のMCで「4日後くらいに4人で飯食いに行ってこの日がどんな日だったか話そうと思う」って言ってましたがどうでしたか?話はまとまりましたか?私にとってはこれから先絶対に忘れることは出来ない最高の日でした。有難うございました。

と頂きました。ありがとね。うんとね、まだ行けてないんだよ。今8月21日でもうすぐ一週間が経とうとしてるんだけど、まあ、ウブはすぐにMONSTER baSHの方に行っちゃったし、俺はスカイジャンボリー行っちゃったし。で、(みんなも)このあともちょこちょこライブが入ってて、日にちが合わないっていうのもありますね。で、まあ焦ってやることでもないので、自分たちの中でこう、いろんな変化をゆっくり楽しんで、で、飯食いに行って、まあ、ゲラゲラ話しながら「どう思う?」なんて話をしたいなって思ってる。で、その話ができて、できたらまた報告しますよ。

なんかほら、やっぱでもこの10年間はそれぞれ俺達4人の肩の上に、あの日の約束を絶対に守んなきゃ、っていうのがあったし。で、再結成をした一番大きな理由はやっぱり、あの言葉を信じて待ってる人達に、結局嘘だった、なんて目に遭わせるのだけは絶対に嫌だっていうのがまず一番最初にあったわけじゃん?でも、今度やる時はさ、それがないわけじゃん?じゃあ何のために?ってなったらまあ、自分たちでやりてえと思うかどうか、しかないわけじゃない?だからそこを、じゃあどんな形で?とか、いつ?とかそんな話を俺達4人の中だけでしたいんですよ。はい、そんな感じです。それじゃあ皆さんまた来週。さようなら。

コメント