【難波章浩】対バンする細美武士(MONOEYES)を妬む(笑)

『難波章浩の今夜もCLOSE TO ME』
デミさん
デミさん

どうも、パンク大好きデミさんです。

Twitter:@Takenoco0803

Instagram:@demisansan

プロフィール:デミさんとはこんな人

 

今回は難波ラジオです。

19年2月24日放送 FM NIIGATA『難波章浩の今夜もCLOSE TO ME』。

 

その中でMONOEYES細美武士についての言及部分を文字起こしします。

 

横山健VANSDickiesに衣装提供を受けていない、という話も驚きました。

 

最後までご覧ください。

 

全編はこちらから:radiko.jp

難波章浩の今夜もCLOSE TO ME

スポンサーリンク

難波章浩 横山健愛用のVANS・Dickiesの秘密を語る

くんもすごいよねー、言葉流行らすの。

横山健のこの、言葉を流行らす、何かを流行らすのすごいよね。

 

『猛爆』とか、『もんげー』もそうだけどさ。

『もんげー』これだけ流行らせたのくんかもしれない。

 

彼のそういうポップさっていうのはもう、やっぱすごいなって思いますね。

 

実際あんだけね、DickiesDickiesじゃないかもしれないけど今は。

 

あのチノパン(Dickies)VANSをずっと履き続けて。

それがロックの、パンクロックのライブに行くスタイルになっちゃったもんね。

 

あれは間違いなくくんですよ、ほんとに。

僕、VANSじゃなかったから。最初コンバースだったからね。

 

でもねあれね、VANSDickiesにもらってるものと思うじゃない?

 

いや、あれもらってないんだよね!

それ、どうなの?

っていうかVANSさん大丈夫ですか?みたいな。

いいのそれで?みたいな。

 

あれ、くんですよ、VANSこれだけ流行らせたの。

 

だってさ、「くん何でもらわないの?」って言ったら、

そこで貸しを作りたくない」みたいなこと言うんだよね(笑)。

 

その感じもなんだかよくわかんねえだけどさ(笑)すごいこだわりなんだよね。

 

そういうよくわからないこだわりを持っているくんって面白いなあ。

 

ほんとに面白い人なんですよね。

まあちゃんもそうなんですけどね。

僕なんてもらえるものならガンガンもらっちゃいたい(笑)



難波章浩 細美武士を妬む(笑)

明日から始まる、『PUNK ROCK THROUGH THE NIGHT TOUR』。

これも新潟発祥ですよ。

 

このイベントが全国に飛び出し、なんとクワトロ・東名阪SOLD OUTとなりました。

 

明日からMONOEYESと対バンすることになるんですけどね。

MONOEYESはボーカルの細美ちゃんが始めた発端だと思うんですよ、始めたバンドだと思うの。

 

ELLEGARDENが活動休止して、その間にthe HIATUSが始まり、「もう一個バンド始めようと思うんですよ」って言われて。

 

「えーっ!」って言って。

最初「ソロバンドをやろうと思ってる」みたいな。

 

「じゃあ細美武士バンドみたいな感じ?」みたいな。

「そうなんですよね」みたいな。

 

「へー」「じゃあ楽しみだねー」なんて言ってたら、それが結構ガチなバンドとして始まったっていうね。

 

ソロとかではない、対等な4人組のバンドとして始まった。

 

「おー、始まったんだな」と思ったら、もうあれよあれよと、どんどんどんどん、すげえ感じででかくなってって。

 

彼のその求心力はすごいな、って思ってるわけなんですよ。

 

まあぶっちゃけ言うとね、同じような境遇にあるわけじゃないですか?

 

Hi-STANDARDが活動休止して、ソロ始めて、NAMBA69というバンドになり、こうやってね、えっちらおっちら、と始まってるわけ。

 

NAMBA69はまあ俺が発端かもしれない。

NAMBA69っていうバンド、じわじわじわじわ来てるとはいえね、えっちらおっちらやってるわけですよ、こうやってね。

 

まあ、やれ細美ちゃんが始めたMONOEYESは結成してあっという間に、どんどんどんどん人気が出ていくっていう。

 

これね、この感じ見てると、ちょっと落ちるわけですよ、僕個人的には(笑)

 

何で俺のこう、プロジェクトっていうのはこう、えっちら、徐々に上がってるとはいえ、えっちらおっちらなの、と。

 

なんで、細美ちゃんみたいのはさっささっさと行っちゃうわけですよ。

 

何なのこの違い!みたいな。

これは何?と。

顔?みたいな。

美声だから?みたいな。

英語の発音?みたいな。

 

勝手にそういうおばちゃん目線で、僕もそうなっちゃうわけなんですよ(笑)

 

何がダメなんだ僕は?と。

ほんとにね、もうね。

 

でもね、自分たちのサウンドやライブは絶対負けてない!って自分らは思ってるわけですよ。

 

よし!と。

じゃあ胸借りよう、と。

仕掛けてやろう、と。

 

というわけで始めた『PUNK ROCK THROUGH THE NIGHT TOUR』。

 

ま、MONOEYESフォーリミ(04 Limited Sazabys)ロットン(ROTTENGRAFFTY)強烈ですよ、みんなもう大人気。

 

でも俺達も負けてねえんだ!って、もうほんと、俺たちもいるんだ、NAMBA69いるぜ!っていう(笑)気持ちでね、このツアー仕掛けてますんでね。

 

明日のMONOEYES、負けるわけにいかない、負けるはずない。

 

自分たちのライブは最強だ、っていう自信があって。

そう、いきます!

 

MONOEYESと明日激突しますんでね、もうみんなほんと、楽しみにしててください。

 

報告できればいいなと思ってます。

 

MONOEYESもね、ほんとね、4ピースでね、そう、キャッチーな良い曲作るんだよね。

 

では、聴いてみましょうかね。

MONOEYESで『Get Up』。

MONOEYES – Get Up(Music Video)


Dim The Lights Tour 2017 at Studio Coast[Blu-ray]

コメント