【細美武士】「もっと雑でいい」インド出発前に一人旅について語る!

細美武士『Hedgehog Diaries』
デミさん
デミさん

どうも、パンク大好きデミさんです。

Twitter:@Takenoco0803

Instagram:@demisansan

プロフィール:デミさんとはこんな人

 

2019年2月13日放送、細美武士のラジオ『Hedgehog Diaries』は収録でした。

 

細美武士が旅について語ります。

 

あと、「人は人とどうしたら思えるのか?」という質問は、個人的には非常に興味深かったです。

 

まだまだ俺も修行がたりないなあ(笑)

 

今回も最後までどうぞご覧ください。

 

ネットラジオはこちらから:

BAY FM Hedgehog Diaries

 

2019年2月21日、昼1200までの期間限定公開です。

スポンサーリンク

細美武士『Hedgehog Diaries』OP

こんばんは。

bay fm『Hedgehog Diaries細美武士です。

 

今週も収録でお送りしまーす。

収録してる現在は先週の放送日の、当日収録の後ですね。

2月6日水曜日、午後4時49分を回ったところです。

 

今回収録なのは、たぶん、たぶんですね、俺は今頃インドにいるんじゃないですかねえ。

 

と思います。

直前で気分が変わって目的地を変えてなければ、きっと今頃はインドのどこかでカレーを食べている頃でしょう。

 

ということで収録させて頂いてます。

 

来週は帰ってきたらインドの話いっぱい出来たらな、と思ってるのでお楽しみに。

 

1曲目 James Arthur & Anne-Marie『Rewrite the Stars』

まずは一曲この曲を聴いてください。

James Arthur & Anne-Marieで『Rewrite the Stars』。

Anne-Marie & James Arthur – Rewrite The Stars [from The Greatest Showman: Reimagined]


Rewrite The Stars

 

この、最後の方のコーラスはすごい良いですよねー。



MONOEYES、coldrainのツアー出演について

さ、今日もメール紹介していきましょう。

チイから頂きました。

細美さん、こんにちは。

30日の放送に間に合うかなと思ってメールしてます。

 

細美:すいません、全然…2月13日の放送ですね(笑))

 

今回coldrainの対バンでMONOEYESの参加が決まりましたね。

 

SiMも参加で、どのバンドも大好きなのでとても嬉しく思ってます。

 

参加はできないのですが、個人的には同じロックでもジャンルというか世代も少し違って、対バンするなんて思ってませんでした。

 

びっくりしてます。

今回どんなふうにこの話が決まったか知りたいです。

 

そして、レインSiMMONOEYESもそれぞれファン層が違うのかもですが、それぞれのファンがそれぞれのアーティストをカッコイイって思ってくれたらとっても嬉しいなと個人的には思ってます。

 

それはどのアーティストにも言えるかもなのですが。

 

以前、「coldrainSiMも好き。最高にかっこいい」と言ったら、「激しすぎてどうなのー?」と言われたことがあり、上手く伝えられないのですがライブが終わった後も細美さん自身の感想とか聞きたいです。

と頂きました。

あのねえ、coldrainSiMが台湾で、台北だったかなあ、高雄だったかな、台湾のライブハウスで対バンをしてる時俺もちょうど台湾にいて。

 

「あ、日本のアーティスト来てるんだ」と思って、入れてもらって観たんですよね。

 

それが初めてSiMcoldrainを観た時で。

あのー、「すごいカッコイイな」って。

で、台湾のファンもすごい盛り上がってて。

 

で、その時ちょっと楽屋で話させてもらって、それからお付き合いが始まって。

 

もう結構長いよ、たぶんそれ、どれくらいだろうなあ。

 

はっきり覚えてないんですが、5年以上前の話のような気がします、はい。

 

すごい楽しみですね。

coldrainのファンの前で演奏できるなんて楽しみにしてるんで、ぜひ皆さん宜しくお願いします!

 

細美武士 Bjorkを語る

さ、もう一通いきましょう。

オイサンから頂きました。

細美さん、こんばんは。

最近細美さんの書いた曲の歌詞をじっくり読むことにハマってる高校2年生です。

 

この間ELLEGARDENの『Supernova』を聴きながら歌詞を読んで和訳して勝手に解釈していたら、自分の置かれてる状況にマッチして思わず泣いてしまいました。

 

(細美:えーっと、和訳読んでいくね)

 

「どんなに努力しても空を飛べるとは思わない」

という部分から、必死に手を伸ばしても自分の思いが絶対に届くことはないという意味が読み取れた気がして、とても胸に刺さりました。

 

ところで細美さんには「この曲のこの歌詞が心に響いた」といった経験はありますか?

 

教えてください。

と頂きました。

あのねえ、すごいいっぱいあるよ、俺は歌詞読むの大好きなんで。

 

いい歌詞の曲たくさん知ってるけど、でもまあ心に響いたというよりは「最も衝撃的で今もこれを超えるぐらいの衝撃の歌詞はなかなか出会えないな」と思ってるのは、Bjork(ビョーク)の『Hyper-Ballad』なんですけど。

 

何ていうのかな、山の上に住んでる二人暮らしの夫婦の話なんだけどさ。

 

その奥さんの方の、毎朝の日課っていうのが、部屋の中に転がってるビンとかカトラリー、あのーなんていうの?フォークとかナイフとかスプーンとか、そういうガラクタを拾って。

 

えっとー、崖があるんだよね、家の近くで。

その崖に行って放り投げると。

それが落ちていくのを眺めて、「あー、怖いな」「崖、怖いな」って思って、旦那はまだ寝てるんだけど。

 

で、家に戻って、「ここにあなたと二人でいることをすごい安心していられるの」って言うところから始まった曲で。

 

でねえ、途中で色んな物を投げて、それが下に落ちていく中で岩に当たって砕けたり割れたりする音を聞いて。

 

一番下まで落ちるのを目で追いながら、

「もしも私の体があの崖にぶつかったらどんな音がするんだろう?」

「そしてもし私が地面に落ちるその瞬間私の目は開いてるだろうか?閉じてるんだろうか?」

っていう歌詞があって。

 

すごい衝撃的な歌詞だなと思いながら、それからBjorkがすごい気になって人となりを調べていくにしたがって、

 

「あ、この人はちょっとグロ目のエキセントリックな歌詞を書こうと思ったんではなくて、本当にこういう感覚で生きてる人なんだなあ

 

と思った、大好きな曲です。

 

2曲目 Bjork『Hyper-Ballad』

聴いてください。

Bjorkで『Hyper-Ballad』。

Björk – Hyperballad (Official Music Video)


Post



細美武士 歌詞に曲を載せる方法

さて、メール後半戦も紹介していきましょう。

マッチーから頂きました。

細美さん、スタッフの皆さんこんばんは、マッチーです。

 

今、高校の音楽の授業で、国語便覧に載っている短歌の中から好きな歌を選んで八章説のメロディを作るという課題に取り組んでいます。

 

細美さんがラジオで何度もお話されていたように思いつく限りたくさん書いているんですが、私は意気地なしなのでいざ提出しようとすると思うと恥ずかしくてなかなか発表できません。

 

ミュージシャンの方たちは曲を発表する時に恥ずかしいなんて感じないと思いますが結構今深刻な問題で、次の音楽の授業(火曜日です)来るな−!って感じです。

 

こう考えるとミュージシャンって本当にすごいですね。

 

一方的なメールになってしまいました。

まだまだ寒いのでお体に気をつけてください。

と頂きました。

ありがとう、マッチー。

これ収録してるのが結構前だから、もう火曜の授業は来てしまって曲は発表したんだろうなと思うんだけど。

 

あのー、なんていうのかな。

好きな歌を一首選んでるってことは、その言葉の響きとか抑揚とかがある程度縛りになるわけじゃない?メロディを作る時に。

 

でもそれを縛りって捉えるよりは、なんていうのかな、広げてくきっかけっていうかヒントに使っていくといいと思うんだよね。

 

例えば俺の場合は歌詞を後から書く、ちゃんと清書することが多いんだけど。

 

そうすると先にメロディがあると語数の縛りもあるしイントネーションの縛りもあるんだけど、そういうのが全くないところではなかなか生み出すのは難しくて。

 

その、一首選んだ好きな歌の言葉が呼んでるメロディを探すっていうのが一番の正解なんじゃないのかなと。

 

いまさら遅いですけどね、はい(笑)

頑張ってね。

 

細美武士 パワハラについて

はい、もう一通いきましょう。

キンゴから頂きました。

細美さん、僕の話を聞いて頂きたいのですが。

 

この2月末をもって今勤めてる職場を退職します。

 

現在勤めてる病院でリハビリの仕事を13年してきました。

 

上司とは退職を伝える前までは良好な関係でした。

 

退職の旨を約半年前に上司に伝えたあたりから、僕に対する風当たりが強くなりました。

 

今ではパワハラのような仕打ちを受けている状況です。

 

細美さんは想像しにくいかもしれませんが、こういった状況の場合どのように考えますか?

 

わかりにくい質問で失礼致しますが、もし読んで頂くだけでも気持ちがスッキリすると思い、メールしました。

 

今年も細美さんの生の音楽を聴けることを楽しみにしております。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

と頂きました。なるほどー。

ちょうど俺の周りにもキンゴと同じ状況にある人がいて(笑)

いやー、大変そうだなあって。

 

そいつとはたまにお昼ごはんとかで顔を合わせると、もう、やっと、その、関係がない人と話ができて少し気が楽になる、みたいなことを言うんだけど。

 

まあそういう風に気分転換していくしかないんじゃない?

 

すごい大変だなあと思うけど、永久に続くことではないので。

 

まあ、退職あるあるだな、ぐらいに考えて乗り切りましょう!

 

3曲目 the HIATUS『Catch You Later』

もう一通いきましょう。

神奈川県のアキヤマから頂きました。

細美さん、こんばんは。

僕は今年39歳になります。

音楽が好きで、中学生から20代前半までバンドを組んでギターを弾いてライブをしていました。

 

しかし将来を考えるメンバーもいて、バンドは解散して僕も就職して日々仕事が忙しく、音楽の環境からだんだんと離れてしまってました。

 

数年前に一回り歳の下の人と知り合い、その人はめちゃくちゃ音楽が好きで、色々と話しをしているうちに世代の違う互いに好きなバンドの話で盛り上がり、

 

久々に音楽に対しての好きな気持ちが盛り上がり、ライブにも行くようになり、次はその人と細美さんのライブに行くのを楽しみにしています。

 

音楽は最高ですね。

 

リクエスト、the HIATUSの『Catch You Later』をお願いしたいです。

 

長々と書いてしまった文章を読んで頂き、ありがとうございます。

 

これからも細美さんの音楽を楽しみにしています。

お体に気をつけてください。

と頂きました。

ありがとう、アキヤマ。

それではリクエストにお答えして。

 

聴いてください。

the HIATUSで『Catch You Later』。

the HIATUS "Jive Turkey vol.1 Live at Blue Note Tokyo 2016 and Tour Documentary" Special Trailer 1


「Jive Turkey vol.1 Live at Blue Note Tokyo 2016 and Tour Documentary」 [Blu-ray]



4曲目 Rudimental feat. Jess Glynne, Macklemore & Dan Caplen『These Days』

細美武士がお送りしてきました、bay fm『Hedgehog Diaries』。

 

今日は、Rudimental feat. Jess Glynne, Macklemore & Dan Caplenの『These Days』を聴きながらのお別れです。

Rudimental – These Days feat. Jess Glynne, Macklemore & Dan Caplen [Official Video]


These Days (feat. Jess Glynne, Macklemore & Dan Caplen) [Rudimental VIP]

 

細美武士 人は人

最後に一通メールを紹介しましょう。

ヒロコから頂きました。

細美さんこんにちは。

寒い日、いかがお過ごしでしょうか?

 

この間会社の昼休みに外を歩いていたら、よろよろ運転の自転車のおじいさんが車道で大きく転んでしまいました。

 

周りにいた人と一瞬度肝を抜かれましたが、最初に動いた人に続いて私を含め4、5人が助けに行きました。

 

そのままだったら後続車に轢かれてしまったかもしれないけど、とっさに動けた人とそれに続けて動けたことが嬉しかった反面、全く気にかけずに通り過ぎる人が多く切ない気持ちになりました。

 

人に期待して勝手に落胆するより自分で動いていけるものは動いていこうと改めて思ったお昼休みでした。

 

その後会社に戻ると相変わらず他の方々のゴーイングマイウェイさ。

 

他の人のミスを「困るよねー」と大声で話したりコピー機の紙切れランプが点きっぱなしでも補充しないで放置。

 

など、これどうなの?と思う点が多く目につき、悲しくなりました。

 

文句を言うなら怒らないように解決策を見つけるとか、紙がなくなってたら進んで補充するとかプラスの方向に動けない雰囲気が強くて最近すごく職場にいるのが辛いのです。

 

「待て待て、期待するな。反面教師だ」「見てくれてる人は見てくれてる」と信じてできることはしていますが、敵がでかすぎる感じに日々がっくりです。

 

こんな時どうやってモチベーションを保てばよいのか?

相手は相手と思えるのはどうしたらいいのか?

 

細美さんの対処法など教えて頂ければ嬉しいです。

 

長々と愚痴のようなメール、申し訳ないです。

と頂きました。

はーい、なるほど。

そうね(笑)でも答えはもうわかってるんだなって。

 

最後に、「相手は相手ってどうしたら思えるのでしょうか?」って書いてるから。

 

いやあ、人は人だよ

で、なんだろ、正しいとか間違ってるっていう考え方をしないほうが、まあ自分も気楽なんじゃねえのかな。

 

「俺はそういう時動きたいんだ」とか、「俺は紙切れてるの嫌だから補充したいんだよね」で、完結でいいんじゃないのかなーと思います。

 

この曲のようにですね、くさくさした時はトイレに行ってこっそり大好きな曲を一曲聴いて帰ってくるといいんじゃない?

 

さ、俺はインドで今頃どんな曲聴いてるんだろうなあ。

 

と思いつつ、来週の放送をお楽しみにしていてください。

 

それじゃあ皆さんまた来週。

さようなら。



細美武士 雑さを自分の中に取り込む

はい、今週も始まりました、FAKE TALES OF CHIBA Zのコーナーです。

 

2月13日・14日にこれはネットにアップロードされてるんだけど実は8日も前なんですよね、まだ。

 

2月6日の水曜日、午後5時15分位です。

 

あのー、やっぱりこう、寒い冬、特に1月とかを、嫌いじゃないんだけど。

 

結局今年スノボも一回行けたし。

あの、夏が大好き。

で、冬は好きくらい、みたいな感じで。

 

全然嫌いじゃないんですけど、何となくやっぱり旅に出ようと思うと、あー、結構俺カリカリしてたんだなあ、とか、のんびりする感じ?が足りてなかったんだなー、みたいな気がすごくして。

 

なんだろ、やっぱりさあ、日本ほどあんなに空港から何からびちーっとキレイな国っていうのはなかなかなくて。

 

海外行くとさ、旅客機もそんなにキレイに洗ってなかったりとか。

 

で、中も結構適当だったりして。

でもまあ飛行機は飛ぶわけで。

 

日本に帰ってくると感じるんだけど、まずは空港のあの大きさの窓ガラスに指紋が一つもない、みたいな。

 

すーげえキレイだな、っていうのをきっと感じるんだろうけど、そん時に多分、「あ、CGみてえだな(笑)」って思ったりもして。

 

あのー、ここまでキレイじゃなくてもいいよな、もうちょっと雑でいいんじゃねえの俺たち動物なんだから、みたいな。

 

その雑ってネガティブに捉えがちだけど、雑さを自分の意志を持って自分の生活の中に織り交ぜていくのが、結構好きです。

 

そういうのをしっかり取り戻して帰ってきて、the HIATUSのアルバム作りに向かおうかなと思います。

 

カレー美味しいんだろうなーって気がしますね(笑)

 

じゃあ来週の放送をお楽しみに。

たくさんメール待ってます。

それじゃあ皆さんまた来週、さようなら。

コメント