【細美武士・ラジオ】東北ライブハウス大作戦アコースティックツアーを語る!

細美武士『Hedgehog Diaries』
デミさん
デミさん

どうも、パンク大好きデミさんです。

Twitter:@Takenoco0803

Instagram:@demisansan

プロフィール:デミさんとはこんな人

 

2019年1月30日放送、細美武士のラジオ『Hedgehog Diaries』は収録でした。

 

細美さんが、『東北ライブハウス大作戦アコースティックツアー』について語ってくれてます。

 

東北の人達は嬉しいだろうなあ。

 

忘れないで来てくれることがどんなにありがたいことか。

 

最後のメールには涙してしまいました。

もうすぐあの日から8年です。

 

そして月末恒例の弾き語りはSia

原曲とは全く別物だけど、女性の曲を男性が歌うとどうしてあんなに雰囲気が出るのだろうと思いました。

 

他にも盛り沢山の内容なので、今回は(も?)ネット放送を聴いてほしいです。

その後俺の文字起こしを…(笑)

 

今回も最後までどうぞご覧ください。

 

ネットラジオはこちらから:

BAY FM Hedgehog Diaries

 

2019年2月7日、昼1200までの期間限定公開です。

スポンサーリンク

細美武士『Hedgehog Diaries』OP

こんばんは、bay fm『Hedgehog Diaries』、細美武士です。

 

今週は今日、当日収録でお送りさせて頂いております。

 

収録している現在は1月30日水曜日の午後4時ちょっと前ですね。

 

明日朝めちゃめちゃ早いので、当日収録にさせて頂きました。

 

今日は月末恒例の弾き語りもやりますのでお楽しみに。

 

細美武士が特別授業で披露した曲は?

まずはメールを一通紹介しましょう。

ソラから頂きました。

細美さん、はじめまして。

中学2年生のソラと言います。

お母さんの影響で細美さんの曲が大好きになりました。

 

28日、私が住む住田町で特別授業をされたと聞き、すごく驚いています。

 

私も細美さんの授業受けたかったー。

 

授業を受けた友達達から「最高だった」と聞き、さらに思いが募ります。

 

もし可能なら何の曲を歌ったのか1曲だけ教えてください。

よろしくお願いします。

 

今年も細美さんに会える日を首を長くして待ってます。

ソラより。

 

参照:エルレ細美さん、魂の歌 住田・世田米中で特別授業

と頂きました。

ありがとう。

 

えっとねー、1曲だけか。

適当にね、喋りながら何となくのこの曲がいいかなーって。

 

3曲やったんですがそのうち1曲目はあれでした。

えーっと、森山良子さんの『涙そうそう』を歌わせて頂きました。

 

1曲目 Mark Ronson feat. Miley Cyrus『Nothing Breaks Like A Heart』

さあ今日の1曲目はこれをお送りしましょう。

聴いてください。

 

Mark Ronson feat. Miley Cyrusで『Nothing Breaks Like A Heart』。

Mark Ronson, Miley Cyrus – Nothing Breaks Like a Heart (Official Video) ft. Miley Cyrus


Nothing Breaks Like a Heart

 

東北アコースティックツアーは4泊5日

えーっと、昨日4泊5日の東北の旅が終わって東京に戻ってきています。

 

参照:

「東北ライブハウス大作戦 細美武士アコースティックツアー」開催。スコット・マーフィーも参加

岩手県宮古市・大船渡市、宮城県石巻市、でもう一回大船渡に戻り中学校で授業をやって。

 

夜は、あれ何の蔵なんだろうなー?蔵の中を改修したところでミニライブをやらせてもらって帰ってきました。

 

すごい楽しかったですね。

1月とか年明けに東北に挨拶に回れるのは楽しいですね。

 

大学入試センター試験終了

さあメールどんどん紹介していきましょう。

ユキネから頂きました。

細美さんこんばんは、ユキネと申します。

 

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

 

細美さんにとっての2019年が楽しいことで溢れる素敵な1年になることを願います。

 

さて、私事なのですが先日センター試験を終えました。

 

当日の休憩時間は大好きなMONOEYESの『Get Up』と『3,2,1 Go』をひたすら聴いてました。

 

それらの勇気づけられ焦ることなく最後まで落ち着いて試験に挑むことが出来たので、安堵と感謝でいっぱいです。

 

ありがとうございます。

 

残り数週間、第一志望の私大に向けて頑張ります。

 

辛くて負けそうになっても細美さんの音楽が助けてくれるので、きっと大丈夫です。

 

お体に気をつけて頑張ってください。

 

大学生になって細美さんの笑顔と歌声に触れられるのが楽しみです。

 

読んでくださりありがとうございました。

 

と頂きました。

ありがとう、ユキネ。

 

なるほどねー。

あのー、石巻で初めて震災後に出会った、その時まだ小学生だった、低学年だった子が高校受験を、いつだったかなー?3日前くらいにやるって言ってて。

 

いつもライブに遊びに来てくれるんだけど、「明後日試験なんで今日はもう勉強します」みたいな。

 

すごいなんか「あー、みんな大人になっていくなー」っていうのは嬉しいですよね。

 

筋トレ どうしたら好きになる?

もう一通いきましょう。

細美さんこんばんは。

初めてメールを送らさせて頂きます。

マイコです。

 

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。

 

昨年はたくさんのライブお疲れ様でした。

 

私もライブに行って生で楽しみを味わいたいのですが、高校2年生で今年から受験生ということもありラジオを聴いたり音楽を聴いたりで我慢しています。

 

私は趣味でハンドボールをしているんですが、細美さんはご存知でしょうか?

 

冬になって日が短くなるとボールが使えなくなって、ランメニューが多くて本当にきついです。

 

細美さんはよく筋トレをしていると思いますが、どうしたら好きになれるのでしょうか?

 

話は変わりますがいつも辛い時、細美さんの歌声に勝手に支えられています。

ありがとうございます。

 

寒くなって体調を崩しやすい時期なので、大切な喉を傷つけないように体調には気をつけてくださいね。

 

と頂きました。

ありがとう、マイコ。

 

うーん、そうねー、筋トレ、ほんとにあれが好きで好きでしょうがない…

例えばほら、PUBG(パブジー)ってゲーム好きでハマってるんだけど。

 

パブジーがやりたい!」って感覚で「よっしゃ、筋トレめっちゃやりたい!」と思う日はやっぱないわけですよ。

 

でもパブジー何時間やってもほんとの、人間として得るものって基本的にはなくて(笑)

 

その、野山を駆けずり回った気分になるけど筋肉が付くわけでもないし。

 

なんだけど、筋トレはその後本当に手に入るものがあるので、あのー、そんな感じでやってますね。

 

で、ランはねー、よく「細美さんラン好きですよね?」って言われるけどたぶん、同じコースを毎日走るんだとそんなに好きじゃないような気がするんだ。

 

俺、今回の東北の旅でも大船渡でも走ったし、石巻でも走ってきたんだけど。

 

やっぱ景色の違うところ?自然の綺麗なところを走ったりするのはすごい好きですね。

 

ごめん、何の役にも立たない回答でした。

 

2曲目 John Parr『ST.ELMO’S FIRE』

えーっと、その大船渡のKESEN ROCK FREAKSの打ち上げが、ライブハウスの客席に長机出してみんなでわーわーわーわー飲んでたんだけど。

 

やっぱりライブハウスの客席だからさ、PAシステムも使おうと思えば使えるし、照明も、なんならスモークも焚けるっていって。

 

結構酔っ払って調子に乗って、PAシステムで勝手に曲流して照明ビカビカやって客電落として。

 

一緒に打ち上げをやってるFREAKSのメンバーを無理やりステージに上げて、スモークを焚いて歌わせたりして遊んでたんですけど。

 

やっぱりおじさんおばさんが多いんでね、俺含めて。

 

で、懐かしの曲をかけるわけ。

 

で、その時聴いて、「やっぱりこの曲すごい好きだな」と思った曲を聴いてください。

 

John Parrで『ST.ELMO’S FIRE』。

John Parr – St Elmo's Fire (Man In Motion)


St. Elmo’s Fire (Man In Motion)

 

細美武士の曲作りの方法

さあ、後半戦もじゃんじゃんメール紹介していきましょう。

ケンタから頂きました。

細美さん、こんばんは。

久々にメールさせて頂きました。

 

以前オーストラリアでワーホリ(ワーキングホリデー)していたケンタです。

 

オーストラリアの後、小学生の時から夢だったエジプトに、一人旅とスキューバーダイビングのライセンス取得を目的に2ヶ月間滞在していました。

細美:どこ行ったんだろう?ハルガダかな?)

 

去年4月に帰国し、今は大阪でシェアハウスをしながらシェアメイトと音楽活動をしています。

 

そこで曲作りについてお聞きしたのですが、はじめに曲のテンポや構成・楽器の数や雰囲気など色々決めるものがあると思うのですが、細美さんはまず何から決めていきますか?

 

またthe HIATUSのような複雑な音楽はどのように作られていくんでしょうか?

 

あと曲を作る際、頭の中にあるイメージと出来上がった曲は100%同じものなのでしょうか?

 

全然思い通りにならないこともあるのでしょうか?

 

教えて頂けたら嬉しいです。

 

最後に、ELLEGARDEN復活おめでとうございます。

 

残念ながらチケットは外れてしまいましたが、そんなことは忘れてしまうくらい嬉しかったです。

 

ありがとうございます。

 

Monochrome Film Tour』NHK大阪ホールに参戦させて頂きました。

 

あの時あの場所にいれたこと、素晴らしい演奏と映像を観れたこと、永遠が続かないことの悲しさと美しさが身に沁みたこと、全部本当に幸せでした。

 

と頂きました。

Something Ever After』(the HIATUS)のリクエストを貰ってるんだけど。

 

ごめん、今日はちょっと違う曲を弾き語るけど。

 

なんだろうなあ。

あのー、こう、人によるんだろうけど、俺は曲によって全然作り方が違くて。

 

それは例えば、エルレの曲にしても、バス停でバスを待っている時に思い浮かんじゃって。

 

「これは遅刻してもこの曲を録らなきゃいけないな」と思って列から抜けて。

 

えーっとその時なんだったかなあ…

たぶんICレコーダー持って歩いてて、そのICレコーダーに(笑)

もう恥ずかしくてもしょうがないよね、口でコードとリズム言って歌って、「ドゥーンドゥーンードゥーン」って。

 

4小節歌わないとキーがわかんないんで、その後メロディー「フフフーン」って歌って、録った曲がそのままレコードに入った曲もあるし。

 

あとはもう「曲が出来ない出来ないー」って言って、ギターを持って部屋の中で何十時間もウンウンウンウン言った末に出来た曲もあるし。

 

車運転してる時に突然思い浮かんじゃって。

で、早く録りたいんだけど運転中には録れないから、危なくて。

「早く停まれるとこまで行かなきゃ!」ってなって。

 

でもそこに行くまでの間に忘れちゃうの嫌だから、いま出てきたフレーズをずっと口ずさんで忘れないように忘れないようにしてんのに、助手席に座ってた後輩がずっと話しかけてきて。

 

「おい、お前ちょっと待ってくれよ!」(笑)ってなってたこともあるし。

わかんないんだよね。

 

で、とくにthe HIATUSの時とかになると、先にフレーズ作るのが伊澤一葉(key)だったり柏倉隆史(dr)だったりするから。

 

もう、だいたい先に完成形ができてることっていうのはほぼ無いので、想像と出来上がりが違ったっていうのも無いんだよね。

 

出来上がった瞬間に、「あ、こういう曲なんだ」って思うことのほうがほとんどですかね。

 

ただ、なんか、とても素敵な思い出とかが頭の中に「ぶわー」って思い浮かんでる時になんとなくぼけーっとしてたら、

「あー、なんかいい曲出てきたな。しかも歌詞も何となく思い出とかイメージとかリンクしてるなあ

と思った曲が、最後出来上がった時にその思い浮かんでたイメージと違うってことはまず無いですね、はい。

 

何かヒントになれば。

 

反省と後悔は似て非なるもの

さあもう一通いきましょう。

リコから頂きました。

細美さんはじめまして、リコと申します。

 

この度初めてザ・後悔というものを経験しまして。

 

どう対処したらいいのかわからなくてウジウジした日々を過ごしています。

 

私は今年大学受験の年で、その受験のことですごく後悔することをしてしまいました。

 

入試のシステムが複雑すぎるので、言い換えると、

 

「数年ぶりにあった初恋の人に、『実はあの時あなたのこと好きだったのよ』って言われた。でもその初恋の人はもう結婚していて、『あー、あの時告白してれば…』ってなったときみたいな」

 

多分こんな感じの気持ちです。

 

やる後悔よりやらない後悔の方が辛い」って、本当にほんとうに本当にそうだと身に沁みて実感しております。

 

何かアドバイスでも喝でもなんでもいいのでお願いします。

 

(笑)面白いな、リコ。

俺は受験のことはよくわからないんだけど、この例えられた恋愛のことを一言で言ったら、「まあそれ言ってもしょうがなくね?」っていう(笑)

 

あの…はい、次行きましょう!って感じじゃないですかね(笑)はい。

 

めっちゃ面白いな、こういうの。

なんだろ、後悔ってさ、反省と後悔って似てるけど違うよなっていう。

 

酒の失敗とかさ、

「反省して次じゃあこういうことに気をつけてみよう。それでもしかしたらこないだの反省がなんか活きるかもしれない」

って決めたらもう考えるの止める、みたいなふうになるべくしてるんだけど。

 

後悔っていうのはずーっと引きずってるじゃない?

 

でもそれってほら、次の自分をよくしようってとこまでたどり着かないことが多くて、後悔の場合って。

 

なんかね、それよりいいんじゃないかねって思うね。

 

3曲目 細美武士弾き語り Sia『Chandelier』

もう一通いきましょう。

アヤから頂きました。

こんばんは、アヤです。

 

東北ライブハウス大作戦弾き語りツアー、今年も来て頂いてありがとうございました。

細美:こちらこそありがとうございました。1週間前に突然発表したのに、みんな会いに来てくれてありがとう!)

 

昨日、ブルレジに行けました。

 

「ありがとうと言われる筋合いはないんだよ」とおっしゃってましたが、やっぱり私達東北人からすると、「来てくれてありがとう」なんです。

 

いつも寄り添ってくれてありがとう。

 

西門の昧爽』を歌えずに泣き伏した細美さんも、柔らかに歌ってくれた細美さんも大好きです。

 

またいつでも帰ってきてください。

 

弾き語りの新曲(細美:そうそう、最近弾き語りのレパートリー、1曲増えたんですよね)、Siaの『Chandelier』素晴らしかったです。

 

月末の弾き語りでまた聴けるとうれしいです。

 

まだまだ寒くて乾燥する日が続きますが、お体と喉を大切になさってください。

 

と頂きました。

ありがとう、アヤ。

 

うーん、そうなんだよなあ。

だからタイミング的には東北に行ったみんなにも「あー、それやってたね」って感じで『Chandelier』やるべきなんだろうな、って思ってるんですけど。

 

たださ、Thom Yorke(Radiohead)の曲を弾き語りでやってみようっていうのとかさ、Sigur Rosやってみようとかさ、まあまあ無理があるじゃん?

 

そもそもの声があって、あの人達本人にしか出来ない何かだから。

 

そういうのやってもしょうがないんじゃない?ってなって。

 

Siaも同じタイプのアーティストだから、無謀ですけどやってみます。

お送りしたのはSiaの『Chandelier』、細美武士弾き語りバージョンでした。

 

オリジナルバージョンはこちらから:

Sia – Chandelier (Official Music Video)

 

4曲目 Fleetwood Mac『SARA』

細美武士がお送りしてきました、bay fm『Hedgehog Diaries』。

今日は、Fleetwood Macの『SARA』を聴きながらのお別れです。

Fleetwood Mac – Sara (Official Music VIdeo)

 

失敗からしか学ばないことが多い

最後にメールを紹介しましょう。

ハルナから頂きました。

細美さんこんばんは、ハルナです。

 

いつの間にか2019年になり、個人的な話ですが、私のボロボロだった人生は少しずつ充実した風が吹いてきています。

 

学生生活もあと2ヶ月となり、私を含め周りのみんなもラストスパート。

 

必死で駆け抜けるかのように遊んでいます。(爆笑)

 

そこで細美さんに相談があります。

 

この前いつものメンバーで遊んでいて飲みすぎて、酔っ払って大失敗をしてしまいました。

 

飲みの席で潰れていたのにもかかわらず、友達が「一人で帰すのは心配だ」と言いクラブに連れて行かれたのですが、そこでも大暴れをしてしまいました(恥)

 

友達はみんな笑って許してくれましたが本当にひどかったらしくて、メンバーの一人はあの日から「ほとぼりが覚めるまでお前ちょっと嫌いだわー」なんて言われたりしました。

 

まあ絶交というわけではないのでまた飲みに行ったりするとは思うのですが、人生の先輩細美さん、教えてください。

 

私の中に眠るもう一人の自分とうまくやっていくにはどうしたらいいですか?

 

私は春からは社会人として上京することになったので、たくさん思い出の詰まった福岡の街を離れます。

 

今ずっと一緒にいて仲良くしてくれる年齢も性別も違うメンバーも、みんな春からはバラバラの道を進みます。

 

みんな新しい環境の中で変わっていってしまうんではないか?

もう私のことなんて忘れてしまうんじゃないだろうか?

 

ほんとはとても心配です。

 

私が福岡に帰ってきた時、またみんなで馬鹿騒ぎして過ごせたらどんなに幸せか。

 

そう考えると今をもっと大切に過ごしたいと思います。

 

最後にリクエストさせてください。

 

MONOEYESの『Two Little Fishes』が聴きたいです。

 

と頂きました。

ごめんね、リクエスト答えらんなくて。

 

そうですねえ(笑)こういう話を聞くとさ、大人から見るととても心配なんだよね。

 

「大丈夫かな?そんなベロベロになってクラブ行ってさあ」

なんて思うけどさ。

 

でも失敗からしか学べないこともすごく多いので。

 

どうかねえ、取り返しのつかないほど大きなものではない、最終的には自分の経験に変わるような失敗をたくさん重ねて、自分のなりたい人間になっていってくださいね。

 

その、もう一人の自分の中に眠る自分も自分なんでね、大切にしながら…えー…頑張りましょう(笑)

俺もできないんでね(笑)

少しずつできるようになっていたいなと思ってます。

 

素敵なメールたくさん、どうもありがとうございました。

またメールたくさんお待ちしています。

それじゃあ皆さんまた来週。

さようなら。

 

年をとることは素晴らしい

はい、今週も始まりました、FAKE TALES OF CHIBA Zのコーナーです。

最後に一通メールを紹介しましょう。

宮城県のマリナから頂きました。

細美さんこんばんは。

先日、3日連続での東北を回った弾き語りのツアーお疲れ様でした。

(細美:そうなんです。最後に回った授業を入れると4泊5日ですね)

 

私も大船渡公演に足を運び、楽しく充実した時間を過ごすことが出来ました。

ありがとうございました。

 

細美さんが曲と曲の合間に話した震災のこと。

 

その後に演奏したthe HIATUSの『西門の昧爽』。

 

聴いただけで、普段心の奥底にしまっておいていた気持ちが溢れ出して涙が止まりませんでした。

 

私の地元は気仙沼です。

あの日のことは今でも時計が止まったかのように、頭のなかで悲惨な映像がはっきりと映し出されます。

 

目の前で見たくもなかった津波が、泥などが混ざって茶色い飛沫を上げながら家や車を飲み込んでいく光景。

まるで映画のワンシーンではないかと疑うほどに異様でした。

 

可愛がっていた当時中学の後輩・同級生なども津波の犠牲になりました。

 

今でも信じたくはないですが、いつまでも下を向いていては何も進まない。

 

「その人達の分まで生きよう」と強く心に決めてきました。

 

あの日から間もなく8年。

地元の気仙沼、生まれ故郷の陸前高田は震災前のように完全には元には戻っていませんが、少しずつですが活気づいているようにも感じます。

 

毎年3月11日は嫌でもその日に起こったことがどんどん思い出され、つい心を塞ぎたくなってしまいます。

 

でも、

世の中辛いことばかりじゃない。生きてるとほとんど辛いことばかりで楽しいことなんて少ない

 

先日細美さんはそう話していました。

 

そのあとに、「俺達が笑顔にさせてやっからよ!」と背中を押してくれた言葉が今でも忘れられません。

 

今年も元気をもらいに、ストレスを発散しに、MONOEYESthe HIATUS、またもしもライブ予定があればELLEGARDENのライブに行きます。

 

長々とすいません。

日本ではインフルエンザが猛威をふるっているので細美さんもお体には気をつけてくださいね。

 

と頂きました。

ありがとな、マリナ。

うーん、そうね、もうすぐ8年になりますね。

こうやって出会った子ども達がどんどん大きくなるのと同じだけ俺がどんどん、こう、おっさん…まあ既におっさんなんですがどんどん年をとっていくという。

 

素晴らしいことだなと思っています

 

あのー、今年も日本中の皆さん、よろしくお願いします、近くまで行った時は。

 

まあ一緒に騒いだり酒飲んだり出来たらいいなと思っています。

良い2019年にしましょう。

 

それじゃあ皆さんまた来週。

さようなら。

コメント