【細美武士・ラジオ】2008年のエルレ活動休止後の心境を語る!

細美武士『Hedgehog Diaries』
デミさん
デミさん

どうも、パンク大好きデミさんです。

Twitter:@Takenoco0803

Instagram:@demisansan

プロフィール:デミさんとはこんな人

 

2019年1月16日放送、細美武士のラジオ『Hedgehog Diaries』は生放送。

 

今週は冒頭、1月12日に亡くなったFear, and Loathing in Las Vegasのベーシスト・Keiについて細美さんが語ってます。

 

そして最後のコーナーでは、エルレ活動休止後の心境を当時を振り返って語ってくれました。

 

前に前に進むしかなかった細美さんらしいメンタリティだなあと思いました。

 

ネットラジオはこちらから:

BAY FM Hedgehog Diaries

 

2019年1月23日、昼1200までの期間限定公開です。

 

それでは長いですがどうぞご覧ください。

スポンサーリンク

細美武士、Falilv・Keiについて語る(1)

細美武士
細美武士

こんばんは、bay fm『Hedgehog Diaries』、細美武士です。

 

今週も海浜幕張にあります、bay fmから生放送でお送りします。

 

日付変わって1月17日はですね、阪神淡路大震災から24年が経つ日ということで。

 

最近特に災害の多い日本で、何か有事の時にね、お互いに手を取り合えるような人との繋がりをもっともっと広げていければな、と思ってます。

 

そして今日はですね、Fear, and Loathing in Las VegasのベーシストKeiが1月12日深夜に自宅にて急性心不全により亡くなられたというニュースが入ってきています。

 

参照:

【ベガス・Kei、心不全で急逝】その音楽は不滅だなんて嘘だ。
Fear, and Loathing in Las Vegasのベーシスト・Keiが1月12日深夜、急性心不全で亡くなった。大変驚きました。ショックです。好きだった彼らの音楽も一度死ぬ。そういう人もいていいんです。だって辛くて聴けない人だってきっといるから。

 

最近よく対バンさせてもらってたバンドだし飲みの席で何度か一緒になってたので、ちょっとまだ現実感がないんですが。

 

なんとなく、寂しいなという思いと、すごいバンド想いの奴だったなっていう印象があります。

 

同じバンド仲間として心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 

1曲目 Fear,and Loathing in Las Vegas『Rain Inside Your Eyes』

今日の一曲目は、Fear,and Loathing in Las Vegasで『Rain Inside Your Eyes』。


PHASE 2



細美武士、Falilv・Keiについて語る(2)

メールを紹介しましょう。

熊本市のナツミから頂きました。

細美さんこんばんは。

 

細美さんにメールを送ろうとした時に、Fear,and Loathing in Las VegasKeiさんの訃報を聞きました。

 

大ファンの友だちがいるのですぐに連絡をして二人で泣いています。

 

こんな時にどうしたらいいかわからず、ただ側にいて一緒に泣いてるだけの自分は無力だと思います。

 

細美さんに一方的に話してしまってどうもすいません。

 

やり切れない気持ちを聞いてくださり有難うございます。

 

と頂きました。

もう一通いきましょう。

カホから頂きました。

細美さんこんばんは、カホです。

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。

年が明け一日一日が早く感じます。

 

今日は悲しいお知らせがあって、ライブも観に行っていたしあまりにも突然過ぎて信じられないです。

 

今も明日も生きているだけで幸せ。

家族・友達・関わっている人、辛いことも楽しいことも大切な時間だな。

 

でも普段の生活だと大切というより何気ない時間が過ぎていくだけで、失ったときに初めて気付かされます。

 

あの時伝えていれば…

前の私はそうだったけど、あの日から大好きな人にはなんでも言うしどこにでも行く。

 

Las Vegasのライブ、また会える日まで待ってます。

Keiさん、ご冥福をお祈りします。

 

他にもね、たくさんメール頂いてました。

 

やっぱりミュージシャンってこう、自分が大変な時とか辛い時とかにずっとヘッドホンにいた存在なので身近で辛いですよね。

 

まあ…うん…みんなメールたくさん有難うございます。

 

細美武士、ライブハウスは調子づくところ

さ、他にもメール紹介していきましょう。

キムラから頂きました。

こんばんは。そして明けましておめでとうございます。

 

昨年はELLEGARDENMONOEYESthe HIATUSのツアーお疲れ様でした。

 

先週のラジオで「今年にやることは決まっている」と仰ってたので今からものすごく楽しみにしています。

 

あのね、まだ確定してないことも幾つかあるんだけど、日程が出せればいいなと思うものもあります。

 

自分は去年1年遅れで入った大学でエルレのコピバンを組みました。

 

楽器に初めて触れて、メンバーに無理言ってギター・ボーカルをやらせてもらいます。

 

そして2月末についに初めてライブハウスに立つことになります。

 

もともと自分はひねくれものなので楽しみな半面、自分の心の中にあるものがぶつけられるか心配です。

 

「コピーなのに調子づいたこと喋っていいのかな」

「歌も完璧じゃないしギターもろくに弾けないのに大丈夫かな」

と心配になるばかりです。

 

こんな僕に何か言葉をくれると幸いです。

今年もお体に気をつけて、ライブハウスで楽しませてください。

 

と頂きました。ありがとう。

そうですねー、うん(笑)

ま、でも調子づいたことをみんな喋る連中がライブハウスには集まっているから大丈夫だと思うよ。

 

細かいことはもう後から考えればいいよ。

とにかく今やれることをやって、精一杯楽しんできてください

 

2曲目 DES’REE『Life』

ちょっと早いですがこのへんでもう一曲聴いてください。

DES’REEで『Life』。

Des'ree – Life (Official Video)


Life



細美武士、『思い出』について語る

さ、後半戦もメール紹介していきましょう。

サラから頂きました。

細美さんこんばんは。

 

昨日、「東大などの研究チームが忘れた記憶を薬で回復させる実験に成功した」というニュースを見ました。

 

「認知症の治療に効果が期待できるかもしれない」という話を聞いて、もう何年もまともな会話ができてない祖母とまた他愛のない話ができる日が近いといいなあ。

 

と思った一方で、もし自分だったらと考えた時、段々と曖昧になっている6年前の『The Afterglow Tour』の記憶を取り戻したいなあと思うのです(笑)

 

細美さんは忘れてしまったけど思い出したい記憶ってありますか?

 

うーん、そうですね。

なんかそれなりに長く生きてきたからなのか、ふとたまに、「なんかこんなことあったような気がするなあ」とか、「こんな行ったことある気がするなあ」とかの記憶が蘇ったりするんだけど(笑)

 

それが果たしてどこだったのか、ほんとに行ったのかどうかわかんないようなものとかあったりして。

 

それは果たしてほんとだったのか知りたいなあ、と思うことはあるんですけど。

 

ただね、その、昔さ、駄菓子屋さんで売ってる…ま、今も売ってるのかもしれないんだけど『ヨーグル』っていう。

「ヨーグル 駄菓子」の画像検索結果

なんていうんだろうなあ、ヨーグルトみたいなクリームみたいな、10円だったと思うんだけど。

 

輪ゴムで蓋してあってピッて取って木のちっちゃなスプーンで食べるやつ。

 

あれが小学校の頃の自分には、この世の何よりも美味しくて。

で、もうなんていうのかな、こんなに美味いものがこの世にあるのかと。

 

で、大人になっても『ヨーグル』が自分の中ですごい輝いてるわけ。

ドラえもんのポッケから出てきたお菓子のような感覚なんだけど。

 

それがある日、「昔の駄菓子屋さんを再現してます」みたいなお店にお台場とかでばったり入っちゃったりとかして。

 

「『ヨーグル』あるじゃん!」とか思って買って食べるとさあ、なんていうんだろうね(笑)ぜんぜん記憶と違うってことよくあるじゃない?(笑)

 

でもこれはさ、人間の忘れる機能っていうか、記憶が美化されていったりとか。

 

すごい、なんていうの、思い出って俺、そのものズバリの形で残ってるだけが全てじゃないと思ってるので。

 

例えば「これで全て、全部明確に覚えてられますよ!」って言われたら、それは嫌だな、ってすごい思いますね、はい。



細美武士のちょっとした楽しみ

もう一通いきましょう。

ハナから頂きました。

細美さんこんばんは。はじめまして。

初めてメールします。

只今就活中のハナといいます。

 

突然ですが細美さんの普段のちょっとした楽しみを、良かったら教えてください。

 

人と話したり関わったりするのが好きな私ですが、伝え方がすごく下手で、相手の反応に一喜一憂、普段から落ち込んだり自分を責めたりすることが多いです。

 

そんな中最近、1分間スピーチを就活の仲間うちで取り組んでいます。

 

今度のお題が、さっきお話した『普段のちょっとした楽しみ』なんですが(笑)、何をどう話そうかどうまとめようかと悩んだり練習したりしています。

 

参考にさせてもらえたらと、純粋に細美さんのちょっとした楽しみが聞けると嬉しいなと思います。

 

宜しくお願いします。

 

と頂きました。なるほど。

幸いなことにミュージシャンって職業をやらせてもらってる自分は、結構毎日楽しいことがてんこ盛りでありまして。

 

ちょっとした楽しみって言われるとすごいね、難しいなーって思って。

自分の中でなんかあるかなー、ってずっと考えてるんですけど。

 

ちょっと、『ちょっとした楽しみ』っていうお題からはズレちゃうのかもしれないんだけど。

 

小銭入れの中の小銭が、コンビニで買物したときの金額とぴったりだった時

 

その、なんていうの、『598円』みたいな、わりと一斉に硬貨が無くなった時とか(笑)

ちょっと嬉しいですね。

なんか、そういうことじゃないのかな?(笑)

わかんないけど、はい。



細美武士、技術開発と環境について語る

もう一通いきましょう。

タケノコから頂きました。

こんばんは、22歳のタケノコです。

 

僕は今大学4年生で、卒業論文をこの前完成させたところです。

 

論文は『自動車の未来』について研究したのですが、研究を進めていく中で、

 

自動車は将来的に人が運転することはなくなり、人を運ぶためだけの無機質な箱のようなデザインとなり、その箱がただ移動してるだけの風景へと変化する確率が高い

 

とわかりました。

 

今で言う『エレベーター』のような認識になるみたいなんです。

 

そして、そんな世の中では人が運転する自動車での移動は禁止になる可能性が高いみたいです。

 

事故のリスクが上がってしまうからです。

僕は車好きなのでとてもショックでした。

 

「いつか『マスタング』に乗ってみたい」と細美さんがおっしゃってたのを思い出し、このことをどう思われるのか聞きたくてメールしました。

 

最後まで読んでくださって有難うございます。

参照:

【細美武士・ラジオ】バンドとライブハウスに居場所を求めてほしい!
2018年1月9日細美武士のラジオ『Hedgehog Diaries』。孤独を抱えるリスナーに、「息が吸える場所」としてバンドとライブハウスを勧める細美武士。『ネパール旅行記』のブログも、近日最終回がアップされそうです!

 

と頂きました。へーそうなんだ。

 

全然質問とずれた回答かもしれないけど。

今の自動車を開発した人たちは、これで物流がすごい滞ることなく、過疎的な土地にもたくさんの食料が運べたりとか怪我した人や病人をもっと早く運べるかもしれない。

 

そしてモータースポーツなるものが生まれたりとか未来の技術に夢を輝かせて、もう最高の発明だと思って内燃機関を作ったんじゃないかと思うんだけど。

 

その結果が大気汚染だったり地球の温暖化だったりすることを考えると、やっぱ技術を開発する人たちって「それをずっと使ってても大丈夫なの?」ってことは考えながら進んでってほしいなあと。

 

箱みたいになってもいいですけどね、考えてほしいなって思います。

 

3曲目 MONOEYES『3,2,1 Go』

それでは聴いてください。

MONOEYESで『3,2,1 Go』。


Dim The Lights Tour 2017 at Studio Coast[DVD]



4曲目 Joe Cocker & Jennifer Warnes『Up Where We Belong』

細美武士がお送りしてきました、bay fm『Hedgehog Diaries』。

今日は、Joe Cocker & Jennifer WarnesUp Where We Belong』を聴きながらのお別れです。

Joe Cocker & Jennifer Warnes – Up Where We Belong (Officer, Gentleman & Top Gun)


Up Where We Belong – Joe Cocker, Jennifer Warnes 7″ 45

 

細美武士、選挙について語る

最後にメール紹介しましょう。

ユズから頂きました。

細美さんこんばんは。ユズです。

遅くなりましたが明けましておめでとうございます。

 

最近は冷え込んでて本当に寒いですね。

 

そういえば去年は財布を盗られたりスリに遭ったり詐欺にあったりと本当に災難な年でしたが細美さんはどうでしたか?

 

辛いことがあった分楽しいこともたくさんあった年で、北海道から沖縄までいろんなライブに行けてたくさん元気をもらいました。

 

今年も辛くなったときは音楽を聴いてライブに行って、そんな年にしたいです。

 

話が変わるのですが去年の放送の時にちょうど細美さんに「お誕生日おめでとう」とお祝いしてもらえたのをずっと覚えています。

 

去年は選挙権を手に入れて、これからはもっと政治に関して積極的に関わっていきたいなと思っていました。

 

今年は19歳になります。

子供にも大人にも見られる難しい年ですが頑張っていきたいです。

 

音楽と一緒に成長していってるのが伝わったら嬉しいな、なんて思います。

 

今年もライブにたくさん遊びに行きますね。

 

内容がゴタゴタで読みづらいと思いますが細美さんもお体には気をつけてください。

 

と頂きました。ありがとう。

 

今年は選挙たくさんありますからね

色んなことを正面から向き合って考えていきたいなと思います。

 

みんな素敵なメールをたくさん、どうもありがとうございました。

 

来週も、そうだ、来週の放送、この後収録です。

もうしわけない(笑)

 

それでは皆さんまた来週。さようなら。



細美武士、エルレ活休後の心境を語る

はい、今週も始まりました、FAKE TALES OF CHIBA Zのコーナーです。

 

最後に一通メールを紹介しましょう。

東京都のワチョから頂きました。

細美さんこんばんは、ワチョと申します。

 

大学3年の冬にして、初めてバンドを始めてみることになりました。

 

というのも大学4年の先輩2人が「卒業前に一回ライブがしたいんだけどベースが足りなくて…やってくれないか?」とお誘いを受けたからなのですが。

 

高校生のときにバンドがやりたくてウズウズしてた僕は即答で「オッケー」と言ってしまいました。

 

大学生活は学園祭実行委員に魂を捧げていて、昨年の11月に引退をするまでは「それこそ学園祭なしでは生活が成り立たないような暮らしをしていました(笑)

 

引退をしてからは毎晩のように夢の中で学園祭当日の喧騒やお祭り感を思い出しては「もうあの頃には戻れないんだなー」なんて悲しい気持ちになっていて。

 

なんか新しく情熱を持って取り組めることを探しながらも就活など将来のことを考えなきゃな、って惰性で日々を過ごしていました。

 

細美さんもめちゃめちゃ楽しかったことが終わった後って、抜け殻みたいになって「あの空間に戻れたらなあ」なんて思ったりしますか?

 

何はともあれこの年で新しくベースを始めることのワクワクやドキドキが止まりません。

 

今が一番若い」って、このことなんですね。

細美さんみたいにライブを楽しんでる姿を頭の中に思い浮かべて練習しています。

 

2019年も細美さんのライブに行けることを楽しみにしています。

 

インフルエンザがとても流行ってるようなので、細美さんもお体にはお気をつけてください。

 

と頂きました。

ありがとう、ワチョ。

 

そうねー、なんかこのメールを読んでて思い出すのはELLEGARDENが活動を休止して。

 

で、the HIATUSをまだちゃんと組んでない、メンバーとかも決まってないし曲とかもどうやって作ったらいいかわかんないなあ、って思ってる頃に、わりと友達のライブをぼんやりと観に行ったりして。

 

マキシマム ザホルモンのライブを渋谷に観に行ったり、アジカンASIAN KUNG-FU GENERATION)も観に行ったんじゃないかなあ。

 

そんな時に、つい最近まで自分は同じような、ステージに立ってるのが当たり前だったのに、あそこにどうやって戻ったらいいかわからない(笑)っていう時があって。

 

で、エルレのDVDを見返したりして。

「いやー、俺めちゃめちゃ楽しそうだなー」って。

「俺、どうやったらあそこに戻れるんだろう?」って思ってたんだけど。

 

やっぱね、戻るって道はなく(笑)残念ながら前に前に進むしかなかったんだよね。

 

で、前に前に進んで、またthe HIATUSで夏フェスに出た時とかなんかすごい不思議な感覚だったな。

 

去年はそうやって前に前に、もちろんメンバーみんななんだけど、進んできたおかげでZOZOマリンでね、生まれて初めてね自分たちのコンサートを、野球場でやるなんてことを経験して。

 

うーん、やっぱ人生、今がいくつであろうと今が一番若いんだなっていうことだね。

 

戻れないからなあっていう。

 

でもその、前に進んだ結果が過去自分がいたとこと比べてどうなんだ?ってことはないからね。

 

バンド楽しんで。絶対最高だよ。

 

ということで、今週も素敵なメールを沢山有難うございました。

 

それじゃあ皆さんまた来週。さようなら。

コメント