【ハイスタ】難波曰く、エアジャムはフェスではなく対バンだ!Crossfaith・Koieのコメントも!

『難波章浩の今夜もCLOSE TO ME』

どうも、パンク大好きデミさん(@Takenoco0803)です。

今回は10月14日放送の難波ラジオの文字起こし。まだまだAIR JAM余韻中の難波さん。ようやく視聴者のメールまでたどり着きました。

難波さんのブログはいつ更新されるんでしょうか…?(笑)

それではどうぞー!

radikoの方はこちらから:難波章浩の今夜もCLOSE TO ME

スポンサーリンク

OP・沖縄の話

はいー、時刻は午後6時になりました。皆さんこんばんは、難波章浩です。『難波章浩の今夜もCLOSE TO ME』今週もスタートです!

Hi-STANDARD The Gift Extra Tour 2018、全箇所楽しみなんですけどもちろん。沖縄行けるんすよね。12月の年末に沖縄に行けるっていうこの楽しみ。

こちらもどうぞ:【ハイスタ】難波章浩がThe Gift Extra Tour 2018を語る!

だって沖縄って夏だけじゃなくて冬、良いんですよね。実は沖縄って10月ほんと良いんですよ。オススメ。真夏じゃない沖縄、10月の沖縄ほんと良いですよ。

12月、このツアー終わったら沖縄でゆっくり年越したりするのもありだなーって思ってて。そんな計画もしつつ。果たして出来るのか?良いですよねー。良いっすけどねー。

正直、ぶっちゃけ家族とゆっくりしたいですね。家族とゆっくり旅行とか、どこにも行かなくても良いんですけど一週間くらいゆっくりしたいな。

ライブで息抜きしよう!って話

でも、みんなで全員でゆっくりできるかなと思ったら、長男がテストなんだよね、とか。色々あるんですよね、高校生になるとね。しょっちゅうテストやってる感じですよね。

テスト勉強しなくて良くなったタイミングってあるじゃないですか?大人になって。あの感じ覚えてます?夢にまで出てくるんですよね。「あ、夢だったー。テスト勉強やらなくていいんだ!」みたいなのあったじゃないですか?あの喜びったら無いっすもんね(笑)頑張ってくださいねー。

冬になってくるとね、来年の春の受験に向けて今頑張ってらっしゃる高校3年生の方とかいるんでしょうね。受験シーズンって実は夏休みくらいから始まってるもんね。今照準を絞っていってるくらいなんでしょうかね。今時期的にね。頑張ってくださいね。

だから音楽聴きながら勉強のモチベーション上げてもらってね、ほんともう、たまにね、ライブなんて行けないかー、たまにね、息抜きにね、わーい!なんて言ってね、おーい!なんて言ってね、ライブとか行けたらいいよね。

まさに今日ですね、僕ら(新潟)ロッツでライブやってますからね。

ほんとこれからじゃないかな、出番。今から来てみるか、みんな!おいで!なんつって、当日券あるかわからないですけど(笑)わーい!おーい!って発散しにおいで!今からおいでよ!なんつって。

だってステージに立ってる側もあんだけ、わー!ってなってるんですから。演技でもなんでもないですよ、ほんとに音が楽しくて、一緒にやってるバンドの仲間がわー!って一気にいくわけですからね。ほんともう、楽しいですよ。やっぱバンドっていいよね。

最近ね、うちの長男がたまにベース弾くなんてやってますけどね、やっぱステージに立って、なんでもいいじゃないですか、コピーでもいいんですよ、バンドじゃなくてもいいしね。それをステージに立って披露して、「おー、おもしろかったよー!」とか、「おー、やるね!」とか言われると、こんなに嬉しいことないっすもん。「今日のライブ良かったよー!」とか言われると、そんな最高なことないんで。

これが、AIR JAM良かった!AIR JAM感動しました!っていうメールがもう何十通あるのかな?今日読みます。読んでいきます。ありがとう、たくさん。

Crystal Lakeの話

でも一曲いきます。BODY AND SOUL TOUR、今日まさに新潟ロッツでやってます、Crystal Lake。めっちゃやばい。Crystal Lakeとはハイスタでも対バンします。12月22日、横浜アリーナ。Crystal LakeとCOKEHEAD HIPSTERSと対バンしますねー。

Crystal Lakeで 『THE CIRCLE(feat.Masato of coldrain)』。

Crystal Lake -THE CIRCLE【Official Music Video 】


THE CIRCLE

はいー、めっちゃかっこいいねこの曲!俺最初聴いた時ホント衝撃だったんですよ。coldrainのMasatoがフィーチャリング。めっちゃもう、Crystal Lake、新曲やばいです。

BODY AND SOUL TOUR、まだ続きます。ファイナル、10月21日、新木場STUDIO COASTまで駆け抜けます。今展開中なんでチェックしてください。宜しくお願いします!

Crossfaith・Koieのコメント

今日はね、Crossfaithのコメント来てます。宜しくお願いします、聴いててください。

日本もね、すごいバンドいっぱいいるんですよね。海外でめっちゃ活躍してる。CMの前に聴いてもらったCrystal Lakeもほんとヨーロッパでヘッドライナー、1,000人2,000人くらい集まっちゃう。マジマジマジ。

で、Crossfaithもマジでそう。アメリカも始まっちゃってるくらい。AIR JAM 2018の時もずっと、ほんともうキャーキャーキャーキャー、可愛いんですよ、彼らね。いい奴らなの。聴いてみてください、Crossfaith、コメントです!

Koie:『難波章浩の今夜もCLOSE TO ME』をお聴きの皆さん、そして難波さんこんばんは。CrossfaithのボーカルのKoieです。この前会ったのはHEY-SMITHの主催フェス、大阪でのHAZIKETEMAZAREでしたが、お疲れ様でした。

早速なんですけれども、番組から幾つか質問を頂いていますので、そこから順々に答えていきたいなと思います。

難波とのエピソード

難波さんとの出会い、そして最近のエピソード、難波さんのイメージ像など、こんなものを俺みたいな奴が触れていいのかわかりませんけども。

出会いというのは、俺が記憶するところで正しければ、2012年年末、恵比寿リキッドルームで、難波さんのバンド・Crossfaith・HEY-SMITH、この3バンドで対バンしたのが初めての出会いだったんじゃないかなというふうに記憶してるんですけども。

その時のイメージはですね、完全に俺からしたら100%純度マックスのレジェンドなわけですけれども、会って話したときの気さくさと言えば、もうほんとに忘れないですね。

俺たちみたいな若手のバンドから、Hi-STANDARD、そして難波さんと同い年のバンドのような方々とも交友があり、そんな中でもその時HEY-SMITHとCrossfaithという2バンドをリキッドルームに呼んでもらえて、そこで3マンをさせてもらえる、そういう機会を与えてもらったことを、ほんとに出会った当初から、そうですね、そういう若いバンドもそうですし、たくさんの新しい音楽を発見するというバンドマンとしての好奇心的な部分は難波さんからも勉強する部分がたくさんありますね。

ラウドミュージックについて感じること

そして次の質問なんですけども、今のラウドミュージックシーンについて感じること。そうですね、昨今、ラウドミュージックシーン飽和してるんじゃないかと、みんな飽きてきてるんじゃないのかと、言われているようなことがちょくちょく耳に入ってきますけど、そんなことは俺は一切感じていなくてですね。それはラウドミュージックシーンにおけることだけではなくて、全ての音楽に対して言えることだと思うんですけど。とにかくライブを見に来てくれ、と。特にラウドミュージックっていうのはほんとに、ライブでしか感じられない部分、音源だけでは伝わってこない部分がたくさんあると思うので。

百聞は一見にしかず。みんなが言ってることを真に受けるのもいいですけど、とりあえず自分の好きな音楽を見つけて、その音楽を、バンドをライブを観に行く、そこで初めて好き嫌いを決めればいいと思うので。とりあえず一度ライブを観にもらいたいなと思います。

Crossfaithの目標は?

そして、次の質問です。今、皆さんの目標はなんですか?今…今というか目標はずっと変わらないですね。やっぱり世界制覇。この一言に尽きるんではないでしょうか。

ということで、そんなCrossfaithなんですけども、今回ラジオに出演させて頂いたのにも理由がございまして。

Crossfaith、8月1日、もうだいぶ前なんですけどニューアルバム『EX_MACHINA』をリリースしましたよ!

そしてそれに伴って11月8日、お待たせ致しました、Crossfaith『EX_MACHINA』を引っさげてのツアーで新潟に帰ってきます。新潟ロッツですね。こちらの方もアツアツ・バキバキのライブになりますので。

先程行ったこととも被りますが、百聞は一見にしかず、ですので、ライブを観に来て頂けたらなと思います。

以上、CrossfaithのボーカルのKoieでした!次はスタジオに遊びに行かしてください。ではまたライブでお会いしましょう。バイバイ!

はいー!固えな(笑)こんなキャラじゃねえだろ、みたいな。Koieちゃん。でもね、ほんとストイックなんですよ、彼もね。

ほんとにCrossfaithもストイックな奴らなんだけど、俺はCrossfaithの、何ていうのかな、パーティー感?パーティー…パーティー…パーティー何回言ってんだって感じなんですけど(笑)あいつらマジで面白いんですよ。

すげえ酔っ払うんですよね。俺は酒飲まないんですけど、可愛いんですよね、酔い方がめっちゃ。俺そういう人たち好きで。で、なんか、「難波さ~ん!」みたいな。ベースのHiroが、可愛いんですよ。あいつが熱いこと言いながら絡んでくるんですよね。

世界制覇って言ってたじゃないですか、目標。俺ハイスタの20代のときとか俺、そう思ってた。言ってた。世界征服、位のこと言ってた。バンドってなんか、音楽を持ってそんくらいの気持ちでやってる時あるんですよね。じゃないとだめだと思うしね。世界に飛び出すってそういうことだと思うし。

コイちゃんのヒゲの、あのキャラクター?あの感じって海外の人たちにはアニメっぽく見えるみたいなんですよ。アニメのキャラクターに、けっこうあの感じが日本、みたいな感じみたい。

さっきコイちゃんも言ってたけどラウドロックのシーンが盛り下がってるみたいな言い方?俺、全然そんなことないと思うけどな。全然そんなことない。

日本のバンドが海外に行く時にルックスが、とか、可愛くないと、とか、すげえハンサムじゃないと、とかって結構あるみたいなんですよ。

で、俺がこんなこと言っていいかわかんないけど(笑)Crossfaithってコイちゃんが別にハンサムとかじゃないし、何ていうのかな、いわゆる可愛いキャラじゃないんすよ。ちょっとチンピラキャラみたいな。何ていうのかな、チンピラキャラなんすよね(笑)顔がね、ルックスね。

で、他のメンバーめっちゃ美形なんですよ。ジャニーズなの?みたいな。可愛いルックスで。そのギャップがものすごい面白くて。そこがアメリカとかヨーロッパの人たちは面白がってるみたいなんですけど。

やっぱワンオクのTakaくんとかcoldrainのMasatoとかもう、可愛いじゃないですか!可愛いって言い方すごく失礼かもしれないけど。フォーリミのGENちゃんとかもう可愛いんですよ。今のバンドの子らって。

僕らの…雑草、俺なんかじゃがいもみてえな、ボクらの時代なんてもう…何が言いたいんだがわかんないんですけども(笑)今のバンドやってる子、ほんとかっこいい。

では聴いてみましょうかね。Crossfaithで『The Perfect Nightmare 』。

Crossfaith – 'The Perfect Nightmare'


EX MACHINA(
初回生産限定盤)(DVD)

11月4日、新潟ロッツ来ますよー。行きましょう。チケット要問い合わせ。

視聴者からのメール

メール結局読めないんだけど…。読むよ。もう読むよ。読んでく!

ラジオネーム・ハイスースーさん、東京都中野区の方。中野区!有難う。僕の生まれた中野区。

AIR JAM最高でした。18年ぶりのあの場所でのAIR JAM。この18年の間に自分も家族が増えたり仲間も増え、色々な繋がりや沢山のこともあって感慨深すぎた。本当に楽しすぎた。難ちゃん、ハイスタ、ほんとに有難う!

ねー、そういう方沢山いるんですよね。俺もそうだもん。俺の息子たち脇で観てるんだもん。同じだよ。有難う!

あともう一個。ラジオネーム・キノコ頭のネッチさん。埼玉県の方。

難波さん、こんばんは。AIR JAM 2018に友達二人と一緒に行きました。

私はパンクはあまり聴いていなかったんですけども、大学生になってからパンク・ロックを聴くようになってその魅力に取り憑かれていきました。Hi-STANDARDを聴くようになったのも大学生からです。もっと早く知りたかったなーって思ってます。

まさか自分がAIR JAMに参加できるなんて思ってもみなかったので、Hi-STANDARDをいざ目の前にした時には涙が止まりませんでした。

今年は大学生活最後の年で就活などもあって夏らしいことをあまり出来ていなかったのですが、Hi-STANDARDの音楽とともに花火も見れて最高の夏の締めくくりでした。

もしまた機会があるなら私も立派に成長した大人になってHi-STANDARDに会いたいです。

わー、素敵なメール有難うございます。うーん嬉しいなー!他にもたくさんあるんです。少しづつ読んでいきます。

もう時期とかじゃない。AIR JAM余韻、一生でーす!

AIR JAMはフェスではなくて対バン

AIR JAMって、Hi-STANDARDの活動にとってものすごい重要なポイントを占めてたんだなーって思います。

でいて、フェスじゃないんですよね、やってみて、しばらく経ってみて思いました。Hi-STANDARDの対バンのイベントなんですよね。だからフェスじゃないんですよね。

あの日こうだったな、あのバンドがこうだったな、だけじゃないんですよね。それが一番かなー。

AIR JAMって、変な言い方ですけどものすごい威力があるじゃないですか。なんですけど、ただの対バンイベントなんですよね。そこなんですよね。

だからわかんないんですよ、次があるかどうか。なんにも決まってないんですもん、ほんとに。

よく、なんか2年前から決まってるくせにしらばっくれてやってるじゃないですか?みんな。ほんと決まってないんですよ。それなんですよね、AIR JAMって。

また、AIR JAM、Hi-STANDARDが仕切ってとんでもない一日を作れるのかなーって。その思ってる日が来るだけで、思ってるだけでやっていけるっていうか。うん。僕はホントそうなんですよ。

その、同じように思ってくれる人がいるだけで、必ずAIR JAMはあると思うんですよ。なんかすげえイベントだなーって思いますね。祭りっていうんですか?フェスじゃないんですよね。

やっぱほんとフェスっていうものはAIR JAMやフジロック、その感じに俺らも始めてみたいなって思って始めた人がたくさんいるんでしょうけど、うーん、なんかフェスじゃないんですよね、もはや。って思いました。

そんなようなことを今、綴っているわけなんですけどね。結局、時が経てば経つほど、何も言うことがないってことになりかねないのかもしれないです(笑)

いやそんなことないです。ちゃんとブログ出しますので。色々やってますー。宜しくお願いします!

それではまた来週です!

コメント