【AIR JAM】主催経験者・難波章浩から京都大作戦への愛のあるコメント!

文字起こし
スポンサーリンク

どうも、パンク大好きデミさん(@Takenoco0803)です。

今回は7月8日の『難波章浩の今夜もCLOSE TO ME』文字起こしの前半です。

AIR JAM東北JAMを主催した経験のある難波さんの京都大作戦への言及は愛がありました(相変わらず語彙力は不足気味ですが…)

それではどうぞ。



いやーーーーー、残念っていうか、京都大作戦、中止になっちゃいましたね!うーん、残念ですねー!うん。ま、今日まさにね、開催されていれば、NAMBA69はですね、京都大作戦の、牛若ステージにですね、どんなライブをやってたのかな?なんか自分でね、そのライブをね、想像してしまうんですよね。あーどんな感じだったのかなー、どんな感じのライブをやってるかなって。もし、土曜日、7日がね、中止になりました、まずね。で、そのままもし、8日、2日目が開催されていた場合、もうもちろん、それも想定して行く準備はしてたんですよ。荷物もね、もちろん、バンドとしても、もちろん。まあ今はKen Yokoyamaとのスプリットツアーの真っ最中なんですけど、一旦ね、東京のZepp2DAYSを終えて、よしと。京都大作戦に向けてモード切り替えて、うん、まあとにかく切り替えてってそんなあれなんだけど、ホント楽しみにしてたわけなんですよ。

で、今まさに収録でね、前の日、7日なんですけども、まさに今さっき、ほんとさっき中止の報告がありまして。TAKUMAからも連絡が来たんですよね。ほんとにこんなねー、何バンドいるのかっていうね、全員に連絡してるんだとしたらね。それだけじゃないでしょ、バンドだけじゃないもんね。なのに電話かかってきてね。「もうほんと悔しいですけども、来年もよろしくお願いします」みたいな丁寧なね。で、途中でね、言葉に詰まってたんだよね、そこで俺もぐっと来ちゃって、やっぱそうだよなって、そりゃそうだよね、ってなって。うーん、相当な悔しさなんだろうなーって俺もちょっとね、ぐっとこう、俺も泣きそうになっちゃって。でも自分が泣いてる場合じゃないし、って思って。まあ来年ね、もちろん来年もあれなんだけど、「来年思いっきりいこうよ!俺は空けてるから」って言って、連絡したわけなんですけどもねー。

もうほんとに京都大作戦に行こうとしてた人達、もちろんね、開催を準備していた人達、主催の側のみんなには、ほんとにもうとてつもない悔しい思いがあると思うんですよね。それもほんとに10-FEET、うん。でもね、来年、こっからまあ1年、まあ10-FEETはいろんなライブをやるわけで。で、来年はね、必ずまた開催されるわけで。うん。なんでね、これからまたいろんなストーリーがまた生まれていくんだと思うとね、必ずそこはポジティブに、クリアにしていくのが10-FEETだと思ってるんで、楽しみですね、また。また楽しみが増えたなってことで、うん。ま、悔しい思いもありますけどもね、僕自身もね、NAMBA69としてね、今年の京都大作戦っていうのは結構、うーん、毎年もちろんそうなんだけども今年はほんと結構楽しみだったんだよね。だからほんと、楽しみが来年になったってことでいいのかなって思いますけどね。

だけどほんと、ツイッターでも書いたんだけども、ま、みんなのね、心の中では中止とはいえ、京都大作戦は開催されているのかなと思うところもあるし。

京都大作戦(中止)はほんと英断だったと思いますよ、俺はほんとに。あれ開催したら、だって何万人もあの状態の京都に、その過程もあるしね。九州方面とか四国方面とか今すごい、ねー、まだ大変だから。その状態の人達がまず来れないだろうし。でもやっぱりライブ観たいしイベントに参加したいからっていって何とかして移動しちゃったりしたら、それはそれでまたね、なんかこう巻き込まれたりする可能性もあるからね。だからそこをやっぱり、うん、開催をしないという判断をした京都大作戦の主催の人達はね、間違いないと思いますね。

ってことで、ここは一発10-FEETでしょう。京都大作戦、思い切りトリを務めていたであろう10-FEET、思い切り凄いライブをやったでしょう、やりました!いきましょう!10-FEETその向こうへ』!

10-FEET – その向こうへ


京都大作戦2007-2017 10th ANNIVERSARY ! ~心ゆくまでご覧な祭~ (通常盤)[DVD]



コメント