【MONOEYES】細美武士がXmas Eileen・androp・the HIATUS…について語る!

文字起こし
スポンサーリンク

どうも、パンク大好きデミさん(@Takenoco0803)です。

今週放送分の、細美武士「Hedgehog Diaries」は6月14日PM5時頃収録のものです。

今回は何と言っても発表されたthe HIATUSについての言及でしょうか。いろいろ考えてるみたいで、期待したいところです。



Xmas Eileenについて

Xmas Eileenとはですね、佐賀GEILSで対バンしてそのあと熊本Djangoで対バンするまで2日間日にちが空いていたので、1日目は九州北部豪雨の災害の被害にあった朝倉地区とかあの辺のいろんな集落をみんなで、幡ヶ谷再生大学のユカリさんに案内してもらって、久々にお会いする方にもお会い出来たりとか、あとは木札作戦の木材を加工してくれてる加工所のお兄さんとかに「いつもありがとうございます」って挨拶を言って回ったり、クリスマスアイリーンの、初めて朝倉に入ったメンバーに、豪雨災害こんなことになるんだよ、みたいなのをみんなで色んなとこに足を運んできました。

その翌日は、熊本地震でね、俺もなんか手伝えることないかなーって行ったボランティアの先で知り合った、のはら農研塾(熊本・循環型オーガニック農業[のはら農研塾])野原健史さんのなんていうのかな、(所ジョージの)世田谷ベースみたいなすごい、男の夢の、趣味の、なんていうんだろう、倉庫みたいの持ってんのよ、あの人。そこに、自分が手を入れてったバイクとか車とかたくさん置いてあって、そこでバーベキューやって頂いて、クリスマスアーリーンのメンバー・スタッフ、うちのメンバー・スタッフみんなでもう、この九州シリーズいいライブにしようね、って、23時位までかな、みんなでワイワイワイワイやって。そして翌日熊本Djyangoでいいライブやってきました。

クリスマスアイリーンのDJの奴なんか特に、朝倉にも、熊本の地震の被害のあるところにも、休みを見つければいつも飛んでってるような奴だったんで。一緒に、九州、佐賀・熊本が回れたことがとても嬉しくて、素晴らしい九州地区の締めになりました。有難うございました。

Xmas Eileen – Friday Night(YouTube ver.)


Friday Night

スポンサーリンク

andropについて

andropはなんだろうなー、実はこの番組を収録してる段階では明日ようやく対バンするんですけど。自分たちが、わりと若手ミュージシャンみたいな感じに見られていて、気がついたらわーっと下の世代の聞いたことないバンドがたくさん同じ雑誌に載ってるなと思ってチェックしたりし始めたのが懐かしいけれども。そのー、その中でも、なんていうのかな、わりと早めに仲良くなれたっていうか。

自分たちが夏フェスに出演するようになってもやっぱり先輩の、ずっとレコードで聴いてきたようなミュージシャンって声掛けらんないわけよ!声かける理由もないしさ。あのー(笑)声かけたところで絶対覚えてもらえないだろうなって思ってたし。なんだけど、自分がいざ上の代になってみると、まあ繋がりができた人ってとても嬉しいからね。あの頃もっと自分から話しておけば良かったなー、なんて思った部分もありました。そんな気分にさせてくれたすごく仲いい友達ですね。明日はいい夜になってるんじゃないかって思います!

androp「Joker」 (from 「one-man live 2017 at 日比谷野外大音楽堂」)


Joker(
初回限定盤)(DVD)

今月の弾き語り

YouTube

注:7月5日昼12時までの限定公開です。



MAN WITH A MISSIONについて

MAN WITH A MISSION、今日は九州の話いっぱい出てるんですが、GAMADASE KUMAMOTOっていうイベントをやってくれてね。その時も言ってたんだけど、こう、自分たちのバンドがすごいレコードが売れて求心力があって発言力があるっていう時に、その、言ってみたら力じゃないですか、権力じゃないけどさ、そういうものをああやって人のために使えるバンドはやっぱりかっこいいね。

MAN WITH A MISSION – Winding Road


Chasing the Horizon(
初回生産限定盤)(DVD)

ストリーミングの話

ストリーミングサービス使ってるよ、俺は主にApple Musicだけど。こうやって技術が発展して、アナログのバイナル(レコード)がCDに取って代わって、それがCDじゃなくてだんだんストリーミングミュージックに変わってく、新しい技術が発達して生まれて便利なものができたりサービスができるとともに、それに酔って古いものが滅ぼされてくっていったら言い方は悪いけど、淘汰されていくのは、まあ自然の流れだよ。そうやってなってくんだろうなーって思うけど、ただその中でもバイナルの良さが見直されたり、マニアックな層かもしれないけどそこにカセットテープとかもね、だんだん面白いメディアとして取り上げられたりってさまを見ていくと、時代は一方向に流れてるんじゃないよなーっていう気はしていますね。俺は自分のレコードは捨てることはまあ絶対ないですね。ずっと持っていくと思います。今でもレコードは買ってますよ、もちろん。

the HIATUSの話

なかなかね、今年ハイエイタスの活動の予定がなかなかお知らせできなくて、みんなやきもきしてたかもしれないけど、ちょっとブッキングがほんと大変で。あのー、ステージも客席も手作りで、面白いことになると思います。ま、お金はあんまりかけない、かけらんないんだけど、手間はかけてみたいなと思っているので、ぜひお楽しみにしていてください。



コメント