【G-FREAK FACTORY】群馬について話し合う回!Dread Rockin’ Radio 文字起こし Vol.1

【G-FREAK FACTORY】群馬について話し合う回!Dread Rockin’ Radio 文字起こし Vol.1

どうも、パンク大好きデミさん(@Takenoco0803)です。

今回は6月10日に放送された、G-FREAK FACTORY 茂木洋晃の 『Dread Rockin’ Radio』の文字起こしです。

ゲストにHAWAIIAN6のHATANOとDizzy Sunfistのあやぺたを迎えてのこの番組は、2時間番組ということでとりあえず今回は1回目。

お互いの出会いのことから群馬のこんにゃくの話までくだらない話のオンパレードでした。いや、くだらない話しかしてない(笑)



自己紹介・お互いの出会い

茂木洋晃:いやーよく来てくれたね。まさかはっちゃんとあやぺたと一緒にラジオで喋るとは想像もしてなかったけれども。っていう言葉で、台本通り、カンペ通りに(笑)

HATANO:セリフっぽくてものすげー嫌だったよ(笑)聴いてて痒いけど大丈夫?

M:ほんとに忙しいとこありがとうございます。山人音楽祭に出演して頂けるということで。あやぺたは初めてで、はっちゃんはもうGUNMA ROCKから数えること、いやその前だな、コロシアムから数えたら…

H:何回出てるかわからない(笑)いつもありがたく参戦させてもらってます。Dizzyは初めてなの?

あやぺた:初めてです。

M:どういうイメージ?

A:私、GUNMA ROCK FESTIVALの時から遊びに行ってて実は。一番初めの時から。キッズとして行ってて。

H:あっそうー。なんか、嬉しいけどやだね(笑)

M:年取ったね(笑)

H:なんか辛いよね。近所のおじさんが年取っていくのを見てるみたいな(笑)

M:グンマロックフェスってフェスがあって、それがポシャったときも、いつもはっちゃん、HAWAIIAN6がいつも進言してくれたりとか、こうやったらいいんじゃないの?って教えてくれて。で、山人音楽祭となってまた一緒に。ほぼレギュラーだよね。

H:そうだね、言ってくれてたからね。俺達はさ、バンドだからさ、今年も呼ばれるかな?って毎年思うじゃん?(笑)で、毎年連絡くれて、今年もどう?って言ってくれるから、ありがたく、出させてください、って(笑)

M:ど田舎の、あんなところでやる、あんな大げさな祭りなんだけども、その、遊びに来た時どう思ったの?

A:遠いなあと思いました、東京から(爆笑)

M:まあね、普通は、生きていく過程の中で、群馬県に行く必要はないからね(笑)

H:言われてみたらそうだね。行く必要があんのか?って言われたら考えたことないね。

M:そうでしょ。仕方なく、例えばライブとかで来ることはあっても、それ以外に、群馬に行こう、って言って群馬に行くことってないじゃん。ないと思うの、俺も群馬県民じゃなかったなら。

A:ないですね(笑)

H:でも、あれよ。うちの近所にある、ばあさんの原宿って言われてる、とげぬき地蔵ってあんだけど、言ったらあそこだって行く必要なんてないんだから(笑)土地ってそんなもんなんだと思うよ。

M:そうなのかなー。でもとげぬき地蔵レベルよりも群馬県っていうのはすごい大きいくくりだからさ。

H:そうだねー。でも色々あんじゃん?こないだ行ったじゃん、こんにゃく作りに。

M:あー去年ね。去年はね、はっちゃんと2人でこんにゃくを作りに行ったの。

A:こんにゃく作り(笑)

H:バイトの女の子にずっとエロい話をしてたの(笑)

M:中2でこれやりたかった(笑)

H:違う意味でお世話になった(笑)

A:それやばいっすね(笑)

H:こういうこと言ってると、今の何とか的な問題になっちゃうよね。

M:あーすぐなっちゃうね。

H:やべえなー、炎上しねえかな(笑)

M:Dizzyと初めて会ったのは、名古屋?で音源貰ったの覚えてる?

A:はい、名古屋で。サーキットイベントで。

M:「Dizzy Sunfistと言います。よろしくお願いします。」って。当時あやぺたもまだ少女みたいな感じだったんだよね。

H:だって少女だったんじゃないの?その当時だからさ。

A:5年くらい前ですかね。22、3くらいです。

M:大きくなったよね。大きくなっちゃって、ほんとに。

H:そう考えるとショックだね、22歳って。俺達の22って振り返れないくらい昔でわかんないよね。全然覚えてない。人間としてカスだったと思うわ。

M:俺まだバンドやってないわ(笑)ちなみに、あやぺたから見るHAWAIIAN6は?

A:初めてバンドT買ったのがHAWAIIAN6です。

M:へー、その人と喋ってんだ、今。

H:照れくさいよね(笑)

A:メッチャクチャ覚えてます。すごいおしゃれやったんですよ、金のプリントやって。でもぴちぴちで、XSかS買っちゃって。

H:あったねー。でも、俺達のいつものパターンで物販とかCDで想像膨らまして、本物見てゲンナリするっていう(笑)本物汚えじゃねえかよ!みたいな。

M:ジーフリークとハワイアンが結成したのが1997年で。去年が20周年でお互い突っ走ってさ、まあその時あやぺた7歳だもんねー。

H:ショックだよね、そう考えると。7歳ってなんすか?みたいな。

M:そんな少女とラジオで喋れてるんだよ。しかもこんな大きなラジオ局(ニッポン放送)でさー。俺今日車で来たんだけどびっくりしたもん。車で来るもんじゃないね、東京は信号と信号の間隔が短いし、すぐ赤になるから。

H:そうそう。バカみたいにセブンイレブンが隣りにあるみたいなね(笑)要らねえだろこんな近くに(笑)

M:武道館の横通ってね、イギリス大使館の横通ってね。もう今日はちょっとした観光です(笑)それではここで曲紹介。

A:Dizzy SunfistSummer Never Ends』!


DREAMS NEVER END



群馬について

M:ここでこんな企画を行います。

A:『お前たちは、まだ群馬を知らへん!』

H:どういうことこれ(笑)

M:私、茂木は群馬にこだわり続け今も群馬で生活をしながらバンドを続けております。というなかなか珍しいローカルバンドなんですけど、群馬でやり続けていたら、『お前はまだグンマを知らない』という原作のドラマの主題歌をやったんですね。

A:すごいっすね。

M:だからって俺が群馬のことなんでも知ってるわけではないんだけれども。

H:っていうか、このコーナーがいいコーナーなのか何なのかよくわかんない(笑)

M:話せば話すほど自虐的な話になるという(笑)どうだい、群馬のイメージは?

H:とりあえず最高だよ(笑)

M:G-FREAK FACTORY以外で群馬の何を知ってる?

H:高崎線が通ってるとか。

A:うちは、鶴舞う形(の群馬県)。

M:うわー、なんで知ってるの?

A:小学校で習いました。

M:大阪の小学校は随分いい教育してんだね。すごいなー。

A:そういうイメージしか無くて。そういう県なんやって、鶴の。

M:食べ物とかは?

A:食べ物?全く無いです(爆笑)すいません!

M:がんがんこいよ、がんがんこいよ。

A:つけ麺しかイメージないですね。

M:つけ麺?

A:群馬の、ライブハウスの、SUNBURSTの下にある、つけ麺が美味しいってイメージしかないです。

M:あー!たまたまライブハウスの近くにあった…

H:それ言ったらさ、王将のつけ麺みたいなさ、全国にあるみたいな(笑)群馬って言ったら、俺たちの時代で言ったらBOOWYだもんね。

M:そうだね、大先輩だね。ビートロックの聖地と言われてた。

H:そこで、全てみたいなところあるからね。

M:いきなりピークを迎えて、いきなりドーンとなくなってしまった、場所だよな、そうやって言われてみたら。

H:それ以外の群馬って言われたら、全くわかんないね。

M:まあ山ん中にこんにゃく作りに行ったくらいだからね(笑)

H:あのこんにゃくだって、あのこんにゃく作ったときだって、こんにゃくが有名って初めて言われて初めてわかったんだから(笑)あ、そうすか!みたいな。

M:でも、あれ楽しかったよね。俺も知らなかった。去年の山人音楽祭のキャンペーンで群馬のこんにゃくをはっちゃんと作りに行ったんだけども、こうやってこんにゃくできるんだ、っていうのを全然知らなかったからね。

H:すごい、でもね、新鮮だったよ。

A:芋からできるんでしたっけ?

H:芋の粉。もう覚えてないけどね(笑)こんだけ言ったけど、もう全然覚えてない(笑)

M:早く終わって焼肉食いに行こう!みたいなね(笑)

H:あったなー。でも地元のもんなんてそんなもんじゃない?

M:まあでもはっちゃんは、島じゃん?俺なんかはお金を払って野菜を買うっていうイメージがなかったの、子供の頃。わかるでしょ?魚とかもお金を払って買ってくるイメージがなかったの?

H:なかったし、こんな高え金払って食うんだ、っていうのがびっくりするよね、後々になってさ。ほんとに田舎でさ、ものを買う、とかを意識して暮らすってしないじゃん?納屋に行ったらなんかあるみたいなさ、そういうノリで生きてるわけじゃない?だからさ、島にでかいスーパーができて、そこでお買い物するってことにびっくりするっていうよりかはさ、新潟のあの島にさ、アコムの無人ATMが出来た時にさ(笑)あ、ここにも金借りる人いるんだと思って(爆笑)

M:紙幣価値がね。

H:そっちのほうがびっくりしたわ。

M:あやぺたはどうなの?たこ焼きばっか食べてたの?

A:そうですね、家でめっちゃ作ってました。みんなでたこ焼きパーティみたいな、小学生の時から。

H:俺達が思ってる都市伝説って本物でさ、みんな持ってるんだって。一家に一つはたこ焼き器。

A:ホンマに一家に一個あります。

M:えー!おもてなしか?じゃあ。

A:普通です。お菓子パーティのノリで、たこ焼きパーティみたいな。

M:おやつとか?みんな呼んでたこ焼き焼こうよ!みたいな?

A:そんなノリです。

H:でもさ、そんな話を聞いたらさ、locofrankのメンバーに聞いたら、「原価が安くて食費が浮くんですわ!」って(笑)

M:いきなり現実的な話(笑)

H:お前らの話、夢ねえなって(爆笑)

A:そうやったんやって思いました、お母さんよくやってたけど(笑)

H:だからそうやって自然に食ってるものが地元のやるなんだよね。だからこんにゃくだって自然に食ってたんだよ。

M:ま、そうなんだろうねー。なんとか、山人音楽祭でも、こんにゃくをみんなに振る舞いたいなって思うんだけども、あいつ単体で…

H:でもさ、去年のことだけどさ、こんにゃくの作り方を教えてくれた女の人にさ、俺ともっちゃんでさんざんいろんなこと言って、ぜひ山人音楽祭に遊びに来てくださいって言ったけど、見なかったね(笑)

M:行っていいですか?って。いやーもちろん来い!って(笑)

H:会場で一切姿を見なかった(笑)今年は来てほしいね。

M:そうだね。でもな、そのこんにゃくが、すげー美味えわけじゃないからな(笑)

H:それ、電波に乗せて言う?(笑)

M:確かに、下仁田のこんにゃくって言ったらブランドあるけど、まあでも…

H:さしみこんにゃく、あれ、感動的な味じゃなかった?

M:それは、手塩にかけて手作りしたからだよ。

H:いやー、俺一応気使ってんだけど(爆笑)

M:(笑)だってさ、こんにゃく縛りでさ、醤油かけたり酢味噌で食ったりとかする…

H:地元の人間がいきなり否定したら話がまとまんないよね(笑)

M:でも、PRしたいの、こんにゃくを。それにはもう、あ、やっぱり、と。やっぱり群馬のこんにゃくは美味いんだ、っていう説得力を帯びたものをみんなに食ってもらいたいの。

H:だからさ、こんにゃくに支配されちゃった俺達はさ、まともなこんにゃくジャッジが出来ないじゃん。だって作った愛情があるから。だからあやぺたとかに。あやぺたこんにゃく好き?

A:はい。食べたいです。

H:なんかこの質問してて変な気持ちになっちゃった(笑)あやぺたにこんにゃくをジャッジしてもらえばいいんじゃない?

M:ケータリングにこんにゃくを絶対入れよう。それで、お前はまだグンマを知らない、とか当日に言うのどうだ?

H:こんだけ言って当日置いてないっていうの面白いよね(笑)こんだけ言って置かねえのかよ!みたいなね(笑)

M:はっちゃんもあやぺたも群馬のことがわかってきたところで一曲聴いてください。

H:むちゃくちゃだろ(爆笑)

M:かりゆし58アンマー


かりゆし58ベスト 【通常盤】



文字起こしカテゴリの最新記事