【10−FEET】『Fin』って活動休止を示唆してないよね?

バンド
スポンサーリンク

10-FEETの新しいアルバムのタイトル『Fin』。

前回はロングツアーをやるであろう可能性について書いた。

【10-FEET】『Fin』は本気で最後だと思って作ったアルバムだそうだ。
どうも、パンク大好きデミさんです。 10-FEETのTAKUMAが、2016年5月以来のブログを更新した。 T…

今回は疑問に思ってる、何やら意味深なアルバムタイトルについて考えてみた。

『Fin』という言葉には英訳と仏訳があって、意味合いがぜんぜん違うのである。

まずは英語訳から。



 

スポンサーリンク

英訳

  1. (魚の)ひれ
  2. (アザラシ・ペンギンなどの)ひれ状器官
  3. (潜水に使う)水かき
  4. 航空, 飛行】 垂直安定板
  5. 【航海, 海語】 (潜水艦などの)水平舵

引用:http://ejje.weblio.jp/content/fin

こちらの意味からつけたタイトルだとすると、足ひれを使って方向性を定め10-FEETの3人がファンが沢山乗ってる大きな船を操縦していく、そんな決意が現れてるのかなと考えます。

昨今のロック界における10-FEETの立ち位置からすると至極当然のことである。

フェスシーズンは彼らがいないと始まらないし、10周年を迎えた京都大作戦も、もちろん主催者の彼らがいないと成り立たないフェスである。

改めてシーンを引っ張っていく、そんな彼らの気概からつけたタイトルなのでしょうか。

そしてもう一つ、フランス語訳。

 

仏訳(la fin)

  1. 終わり
  2. はて
  3. 果て

引用:https://ja.glosbe.com/fr/ja/fin

2と3の違いはよくわからないけど、フランス語には終わりって意味がある。

映画のエンドロールでよく見るあれです。

問題は何が終わりなのかってこと。

アルバム制作作業の終わりって意味なのか、それともバンドが終わってしまうって意味なのか。

京都大作戦10周年。

バンド結成20周年。

2017年は10-FEETにとってメモリアルイヤーであったことは間違いない。

そして、一つの区切りであったことも。

区切りの年に出す5年ぶりのオリジナルアルバムのタイトルが『Fin』。

うーん、何かあってもおかしくない。

最近エモーショナルなシングルが続いてたから、いろんなことを邪推してしまう。

【10-FEET】『太陽の月』発売!そろそろこちらが寄り添っていかないとって話。
10-FEETのニューシングル『太陽の月』が7/19発売された。 今回はその中で、先行配信された『太陽4号』について思うことを書いてみた。 肝心なのは溜めるだけではなく吐き出し方 TAKUMAの言葉は我々の心を打つものばか...

活動休止?解散?

それは無いだろうと信じたいけど、変な想像をしてしまうタイトルであるのは確かである。

 

フェス出演は続く

8/19(土)はMONSTER baSH

8/20(日)はSky Jamboree

来週以降も10-FEETの夏フェス出演は続いていきます。

もし、何か発表があるとしたらTwitterなりInstagramなりHPなりファンに直接届く形で行われると思います。

昨日までのSNSでは特にアルバムに言及したものはなかった。

仲悪そうな感じも一切ないし、何もないといいんだけど。

もやもやしてる人は少なからずいるので、三田村 卓真さん、何らかの発表を待ってます!



コメント